【福岡】沖のルアーフィッシング釣果情報 ヒラマサ1人10尾以上

【福岡】沖のルアーフィッシング釣果情報 ヒラマサ1人10尾以上

福岡県から沖釣り最新釣果情報が届いた。ジギングで、10kg超え含みヒラマサを1人10尾以上キャッチ!その他、タイラバで良型マダイも顔出し。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:北斗丸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

GREEN

4月11日、北九州市小倉北区・高浜港のGREENは響灘に出船した。無風かつベタナギだったが、ジギングではヒラゴが順調にヒット。タイラバでは5kg76cmの大型マダイがヒット。これを頭に3.5kg、3kg、2kgと数ヒットした。ほかにも、アコウやヒラメなど釣る人もおり、好土産を持ち帰っている。

【福岡】沖のルアーフィッシング釣果情報 ヒラマサ1人10尾以上5kgオーバー(提供:GREEN)
▼この釣り船について
GREEN
出船場所:高浜港

Elephant

4月6日、北九州市・小倉港のElephantがジギングで響灘に出船すると、大潮のわりに潮が行かないながらも、船中では大型ヒラマサ115cm10kg頭に13尾をキャッチしたほか、ブリ5kg頭に2尾、ボッコなども交じり好土産を確保。大型バラシも多発している。詳細は同船Facebook、またはホームページでチェック。

【福岡】沖のルアーフィッシング釣果情報 ヒラマサ1人10尾以上好土産(提供:Elephant)
▼この釣り船について
Elephant
出船場所:小倉港

光生丸

4月11日、北九州市若松区・北湊の光生丸がジギングで響灘に出船すると、朝イチから超大型青物のアタリがでたものの、瀬ズレでラインブレイク。しかし、高活性な状況は続きヒラマサ6kg、ブリ4kgなどを手堅く仕留めて行くと、103cm7.4kgの大マサも浮上。終盤もヒラマサ4kg、ブリ4kg、アコウなどを追加して好ファイトを堪能したようだ。

【福岡】沖のルアーフィッシング釣果情報 ヒラマサ1人10尾以上見事な大マサ(提供:光生丸)
▼この釣り船について
光生丸
出船場所:北湊泊地

蛭子丸

福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港から出船する千春丸と2隻体制の蛭子丸の案内で4月11日に芦屋沖へジギングで出船した今永さんは大型ヒラマサ7~9kgほかヤズ、ヒラゴは入れ食いもあり好釣果をキープ。沖五目ではチカメキントキほか根魚交じり、日により青物やマダイなど交じる。また、SLJ(スーパーライトジギング)、タイラバなど各種出船を受け付けている。

【福岡】沖のルアーフィッシング釣果情報 ヒラマサ1人10尾以上連発(提供:蛭子丸)
▼この釣り船について
千春丸&蛭子丸
出船場所:柏原漁港

海龍丸

福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港の海龍丸が4月11日にジギング&タイラバ便で芦屋沖~玄界灘方面へ出船。ヒラマサ12kg頭に9kg、8kgほか6~3kgクラスは数上がり、ブリ9kg頭に8~6kgクラスが交じる好釣果。マダイ2~3.5kgにボッコやアコウなども上がった。ゴールデンウイークも規模縮小にて通常出船、ジギング&タイラバ便の出船予約受け付け中。

【福岡】沖のルアーフィッシング釣果情報 ヒラマサ1人10尾以上ナイスサイズ(提供:海龍丸)
▼この釣り船について
海龍丸
出船場所:柏原漁港

北斗丸

4月11日、北九州市小倉の高浜港から出船中の北斗丸は、汐巻方面へジギングで出船した。ヒラマサは10kg超え筆頭に1人10尾以上釣れ数釣れた。大型のバラシも多発しており、これからも大型交えた好土産期待大だ。

【福岡】沖のルアーフィッシング釣果情報 ヒラマサ1人10尾以上これからサイズアップか(提供:北斗丸)
▼この釣り船について
北斗丸
出船場所:高浜港

※記事内に登場する船宿の現在の営業状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。