コマセマダイ釣りで船中トップは良型3尾【新潟・大進丸】

コマセマダイ釣りで船中トップは良型3尾【新潟・大進丸】

4月4日中潮、新潟能生漁港の大進丸より、今期初のマダイ釣りに挑戦した。乗っ込み前の不安定な状況ながら、本命と対面することができた釣行をお届け。

新潟県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・遠藤二三男)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大進丸でコマセマダイ釣り

午前4時30分港に集合、準備完了後ただちに出船。当日の釣人は11名、私の席は左舷の胴。北方向に約35分の航程で水深65mのポイントへ到着。まだ薄暗い中船長よりビシダナ50mの指示が出て釣り開始となる。

コマセマダイ釣りで船中トップは良型3尾【新潟・大進丸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・遠藤二三男)

当日は朝冷え込んだものの風はなく海はたいへん静か。しかし、潮の流れもなく仕掛けが真っすぐに海中へ落ちていく。

誘い直後に1kgマダイ

最初はアタリなく、置きザオで待つのではなく誘うようにと船長からのアドバイス。私もサオを上下に振って誘いをかけていると、サオを下げたところでアタリ発生。久しぶりに味わう三段引きで1㎏のマダイを上げることができた。

コマセマダイ釣りで船中トップは良型3尾【新潟・大進丸】同船者もマダイをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・遠藤二三男)

その後は朝の冷え込みで水温が低下したのか、タイの食い悪く船中はたまにシマダイなどが上がるだけ。なんとなくダレてきた10時すぎ、そろそろ潮が動き始めるという船長のアナウンスの後、左トモの釣人にアタリ、小型ながらマダイが上がった。

船中トップは良型3尾

これを見て私も誘いを繰り返すと、今回もサオを下げたときにアタリ発生。しかし巻き上げ始めて魚の抵抗を感じたところで、フッと魚がバレてしまった。食い気が少なくハリ掛かりが浅かったようだ。

私が意気消沈していると、左ミヨシの田中氏が終盤にかけて釣果を上げ、良型を含む3尾のマダイをあげて、船中トップに立った。

コマセマダイ釣りで船中トップは良型3尾【新潟・大進丸】今後が楽しみだ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・遠藤二三男)

その後私は誘いを繰り返すもクロソイを上げたのみで、午後1時45分に沖上がりとなった。

今回は乗っ込み前のマダイの食いが不安定な時期なので、釣果は上がらなかったが、魚探にはマダイの反応がバッチリでているので、水温の上昇などのきっかけがあれば、一気に大釣りが出来るだろう。

※記事内に登場する船宿の現在の営業状況については、公式HPを確認もしくは、直接各施設へお問い合わせください

<週刊つりニュース関東版 APC・遠藤二三男/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
大進丸
出船場所:能生漁港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。