絶好の釣り日和!テンヤマダイにトライしてみた【茨城県日立港直重丸】

3月25日(日)、茨城日立港久慈漁港直重丸テンヤマダイに行きました。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日は絶好の釣り日和!

嬉しいゲスト、ホウボウをゲット!

午前5時30分に出船。

波は穏やかで、天気も晴れ。

絶好の釣り日和!ポイントに6時に到着して「着きましたので、準備してください」のアナウンス。

8号のテンヤを使用して、エビエサに親バリを抜き刺して孫バリを背にかけて、投入します。

参考タックル図。

水深は40m、着底したら1mほど竿を上げて、ゆっくり底まで落とす動作を繰り返します。

すると、ツツッとアタリ。

すぐにシュッとアワせてリールを巻くと、ホウボウが掛かっていました。

しかし、取り込もうとしたときに水面で惜しくもバラシ。

その後もアタリはあるものの、外れてしまったり、うまくいかない状態が続きました。

船長が「竿との相性もあるけど、竿先が軟らかいとフッキングがうまくいかない場合もあるから、もっと思いっきり強くアワせよう」とアドバイスしてくれました。

開始から1時間半たったころ、わかりやすいアタリがありました。

思いっきりアワせると「掛かった!」慎重に巻き上げると、タイのような姿がみえます。

抜き上げると、28cmのハナダイでした。

本命よ!こい!

ムシガレイも上がりました!

タイの引きを感じることができましたが、本命はなかなか釣れません。

少しすると、ミヨシから大きなドラグの音が聞こえます。

数分ファイトしたあとに上がったのは1.8kgのマダイ。

良型なので丸々しています。

「次こそ私も釣りたい」と意気込み、再投入。

着底後に少し待ち時間を長めにしてみます。

5分ほど移動したあとすぐに、右隣の人に良型ホウボウがでました。

船中ではマダイもポツポツ上がり、さらに左舷では鈴木さんが良型アイナメをゲット。

うれしいゲストです。

私にもホウボウムシガレイが上がり、さまざまな種類が釣れます。

何度か移動をしながら水深40m前後を狙いましたが、マダイには出会えませんでした……。

今回の感想

お世話になった宇佐美船長と。

マダイ狙いで、本命が釣れなかったことは残念です。

けれど、ほかにたくさんのゲストが掛かってワクワク感たっぷりでした。

アタリがあってアワせられても、途中でバラしてしまったり。

フッキングが、竿によって違ったりと難しさも感じました。

船長に聞くと、テンヤマダイは簡単そうでも、奥が深い釣り物であり、春と秋では掛かり具合やタナが変わってくるので、難易度も春のほうが難しいとの事でした。

ただ誘うだけではなく、エサの付けかたや、掛けかた一つで、釣果に差がでる釣りということがわかりました。

次こそ本命を釣り上げられるように頑張ります!

<杉田千紘(TSURI JOYアンバサダー)/TSURINEWS編>

 

▼この船について
直重丸
エリア:茨城北エリア
出船港:日立久慈漁港

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年4月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。