コロナの影響で高品質水産物がスーパーで買える? 卸の現場に聞いてみた

コロナの影響で高品質水産物がスーパーで買える? 卸の現場に聞いてみた

新型コロナウイルスによる飲食店営業自粛の影響で、スーパーなどの小売に高品質の水産物が出回っているとの話が出ています。この話は本当なのでしょうか?良県中央卸売市場の丸中水産株式会社勤務の有吉さんに卸しの現状について聞いてみました。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・有吉紀朗)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

卸の現場での変化

そして、コロナの影響で卸の現場に起きている変化を聞いてみると、「一部の魚は血抜き、神経抜きをしたうえ真空処理などを施している。」という意外な回答も得られました。これは時短営業しているお店もあり、料理屋、居酒屋は「厳しい」ため、できるだけ素材を長持ちさせれるようにという配慮からのことだそうです(すべての業者が行っているわけではないので注意)。

いつまで続く?

最後に、この状況はいつまで続くのかを聞いてみました。もちろん、そのうちコロナの影響が漁業の現場にも影響を及ぼし、操業がなくなって漁獲が減る事態になるのではないか?という懸念から出た質問でしたが、これに対する回答は、「今のところ供給はいつも通り」というものでした。

どうやら今のところ、供給側にはコロナの影響がそんなに出ていないようです。というわけで、この「供給過多」の状況はまだ続く見通し、つまりはまだしばらく質のいい魚が手ごろな価格で購入できる状況も続くと予想されます。ぜひ、買い物の際は鮮魚店やスーパーの魚売り場をチェックしてみてください。

ちなみに、私が普段行っている近所のスーパーでは特に変化はみられませんでした。普段からちょっと目を引く魚を取り扱っているようなお店が狙いかもしれません。

<中西/TSURINEWS関西編集部>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。