笑顔弾ける!子供たちのヘラブナ釣り大会【埼玉県つり処椎の木湖】前篇

D.Y.F.C(ダイワ・ヤング・フィッシング・クラブ)へらぶなスクール=グローブライド(株)主催が3月28日(水)、埼玉県羽生市にあるつり処椎の木湖で開催され、1日目は100人以上が参加。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り その他 ファミリーフィッシング

今年から保護者も参加可能に

大型を手にニッコリ。

同イベントは小学生から高校生までの子どもたちが、インストラクターから教わりながらヘラ釣りを楽しむもの。

また、「子どもたちだけなく、お父さん、お母さんも参加したい!」との声が多数寄せられ、今年から保護者も参加できるようになった。

熱心にエサ打ちをする保護者達。
待望の1枚。

ヘラ釣り未経験者が多く、竿の操作やエサ付け、アタリの取り方など、基本動作を熱心に聞く姿が見られた。

気温20度を超える好天に恵まれ、絶好の釣り日和。

大型をゲット!

開始直後はやや食いは渋かったが、次第にウキが活発に動きだすと、子どもたちの元気な声が桟橋から聞こえ始め、笑顔が弾けていた。

レクチャー後には実践!

真剣にウキを見つめるミニ大会。

午後からは、前半にレクチャーされたことを実践し、手助けなしのミニ大会を開催。

難しいエサ付けやウキを見つめる姿は真剣そのもの。

真剣な眼差し。

大きく竿を絞ると「やったー!」と歓喜の声。

小学校3年生の女の子も絞る。
取り込みも様になっています。
みんなに負けじと絞る。

「釣れてよかった。今度はお父さんたちにヘラ釣りを教えてあげたい」という頼もしい感想が飛び出した。

ミニ大会で優勝したチームの皆さん。
保護者の部で優勝。

競技終了後は、参加者全員に景品が用意。

表彰式のあとは抽選会などが行われ景品を受け取る参加者。

抽選会やジャンケン大会など、終始大盛り上がりとなり、春休みのいい思い出になったようだ。

<週刊へらニュース 本紙・宮根/TSURINEWS編>

▼アクセス
つり処椎の木湖
この記事は『週刊へらニュース』2018年4月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。