釣行に必ず持っていきたい小物アイテム4選 無いとストレスだらけに?

釣行に必ず持っていきたい小物アイテム4選 無いとストレスだらけに?

釣りに行くには最低限のタックルと仕掛けだけあればOK!ではないんです。持っていないと釣行がストレスの連続になってしまう・・、そんなアイテムがあるんです。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

タックル以外にも釣行に必要なもの

釣りをするために必要なものはロッド(竿)やリールといったタックル類からライン(釣糸)、針などの仕掛け類などがあります。ルアーフィッシングであれば、狙うターゲットに合うルアーが必要です。これらの道具があれば釣りができますが、同時に釣りで使う様々な「小道具」を忘れてはいけません。タックルや仕掛けが揃っていても、うっかり小道具を忘れたら釣りができないなんてこともあります。

釣行に必ず持っていきたい小物アイテム4選 無いとストレスだらけに?大活躍の小道具(提供:WEBライター・杉本隼一)

釣りの途中、仕掛けにトラブルが発生したり、ハリスに傷が入ったりして仕掛けを結び直すことも多いです。もしもそんな状況でハサミが無かったら…?他にも、エサや魚のヌメリが手について汚れてしまった!そんな時にタオルが無かったら…?このように、釣りをするために必須のアイテムや快適に釣りをするために不可欠な小道具がたくさんあります。そこで、数ある小道具や小物類の中でも釣りに必ず持って行きたいアイテムを4つピックアップしたのでご紹介します。

釣行に必ず持っていきたい小物アイテム4選 無いとストレスだらけに?必ず持っていきたいアイテムたち(提供:WEBライター・杉本隼一)

釣りに必ず持っていきたい小物類4選

1、ハサミ

ハサミは海釣り、淡水釣り問わず、釣りをするときには絶対必要になるアイテムです。主に仕掛けを作ったり結んだりするときにラインを切るなどの目的で使用しますが、大きめのハサミを使って血抜きやトゲの除去など、釣った魚の処理に使用する釣り人もたくさんいます。そのため、ハサミは釣り用に作られている商品や園芸用のもの、キッチンばさみ等がおすすめです。

釣行に必ず持っていきたい小物アイテム4選 無いとストレスだらけに?釣り用、園芸用、キッチンばさみがおすすめ(提供:WEBライター・杉本隼一)

海釣りの場合、海水の塩分で錆びやすいので材質はステンレスなどの錆びにくいものを選ぶと安心です。釣り用に作られているハサミや園芸用のハサミはステンレス製のものが多く、丈夫に作られているのでおすすめです。

ハサミを忘れてしまったからといって、ラインを歯や手で切るのは危険です。ケガをすることもあるのでなるべく控えるようにしましょう。その場合は周りに他の釣り人がいれば素直に貸してもらいましょう。

釣行に必ず持っていきたい小物アイテム4選 無いとストレスだらけに?ステンレス製のものを選ぼう(提供:WEBライター・杉本隼一)

2、タオル

釣りはどうしても手や衣類などが汚れることが多く、魚のヌメリやウロコなどは付いたまま放置すると悪臭の原因になってしまいます。そんな時に活躍するのがタオルです。汚れた箇所をさっと拭けるほか、手が汚れてバケツで手洗いした後の水分を拭き取れるなど、持っていると非常に役立ちます。

そして、タオルは2枚持って行くとさらに便利です。魚のヌメリなどで汚れてもいいタオルと軽い汚れや手洗い後に使うタオルと使い分けることで、魚のニオイがついたタオルで手を拭くといったことを防げます。また、納竿の際にタックルに付いた軽い汚れや塩分を拭くこともできます。

釣行に必ず持っていきたい小物アイテム4選 無いとストレスだらけに?タオルは2枚用意したい(提供:WEBライター・杉本隼一)

3、プライヤーや針外し

魚に針を飲まれてしまった場合や口の硬い部分に刺さった針を外すには、プライヤーや針外しが必要になることもあります。エサ釣りではどうしても魚に針を飲まれることも多く、針を喉の奥から外すのは大変です。こんな時プライヤーや針外しがあると簡単に外れることも多いです。また、無理に素手で針を外そうとすると魚が暴た場合にケガの危険があるので、簡単に外せそうでもなるべくプライヤーや針外しを使って外しましょう。

釣行に必ず持っていきたい小物アイテム4選 無いとストレスだらけに?プライヤーは使いやすい大きさを選ぼう(提供:WEBライター・杉本隼一)

プライヤーも材質は錆びにくいステンレス製などがおすすめです。また、長さがある方が喉奥からでも針を外しやすいですが、少しスペースを取るというデメリットもあります。短くてコンパクトなものから長めのものまで多くの製品が販売されているので、自分が使いやすいと思ったプライヤーを選んでみると良いでしょう。

4、フィッシュグリップや魚ばさみ

魚によっては鋭い牙やトゲを持っていたり、毒針を持っていたりするものもいます。そんあ毒魚や危険な魚が釣れた時に使うだけでなく、アジやサバ、カマスなどウロコが取れやすかったりヌメリがあったりする魚を持つときにも役立ちます。このような魚を持ったりリリースしたりするときにフィッシュグリップや魚ばさみがあるとケガをするリスクを軽減できるほか、魚のヌメリやニオイが手に付くことを防ぐこともできます。

釣行に必ず持っていきたい小物アイテム4選 無いとストレスだらけに?フィッシュグリップ(提供:WEBライター・杉本隼一)

毒魚や危険な魚はいつ釣れるか分からないので、タックルボックスやバッグに一つ忍ばせておくと安全です。魚ばさみは大きめのものを選ぶと汎用性が高く、多少であれば大きな魚でも掴めるので購入するときの参考にしてみてください。

釣行に必ず持っていきたい小物アイテム4選 無いとストレスだらけに?危険毒魚が釣れた時に大活躍(提供:WEBライター・杉本隼一)

<杉本隼一/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。