投げ釣りでシロギス調査 遠投中心で今後に期待【神奈川・国府津海岸】

投げ釣りでシロギス調査 遠投中心で今後に期待【神奈川・国府津海岸】

今年は暖冬のためか、沿岸の水温は15~16度台をキープ。サーフからのシロギス釣りは早く始まると予想。3月に入り、平塚~国府津海岸では釣果が聞かれる。そこで、3月22日(日)に釣行。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

国府津海岸で投げシロギス

途中、エサを購入して釣り場には7時に到着。ルアーマンに交じってキス狙いの人がぽつぽつ。旧プール下付近が空いていたので釣り座を構える。タックルは図参照。エサは東京スナメとジャリメを持参。

投げ釣りでシロギス調査 遠投中心で今後に期待【神奈川・国府津海岸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎)

第1投は「最近釣れている」という5色へ。着水すると、思ったより潮は速く、どんどん左へ。着底までの間にかなり流されたが、幸い左側に釣り人がいなかったので、このまま15分置く。

投げ釣りでシロギス調査 遠投中心で今後に期待【神奈川・国府津海岸】国府津海岸の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎)

アタリはなく、巻き上げると、やけに軽い。回収すると天ビンから下がなくなっていた。流している最中、石と石の間に入り、ミキイトごと切れてしまったのだろう。

強風のなか本命シロギス確認

2投目は、フルスイングで8色へ。少しずつサビいて海底の変化を探る。7~6色半の辺りで、変化があったので、少し止めてから巻き上げ。すると、エサの先が少し食われていた。

投げ釣りでシロギス調査 遠投中心で今後に期待【神奈川・国府津海岸】国府津海岸周辺マップ(作図:週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎)

次は反応のあった7色に投入しようと思った矢先、南西風が吹きだすと、アッという間に強風になる。風に負けないよう強振するのが厳しいほど。「これでは釣りにならない」と、巻き上げに入る。すると、なんだか重いように感じる。少し荒れ始めた海から姿を見せたのは本命のシロギス。

やはりポイントは間違っていなかったようだが、無念の納竿となった。ちなみに、海況がよかった前日と翌日は数尾上がっていた。キスの接岸は確認できたので、遠投主体になるが、今後本格化しそうだ。

<週刊つりニュース関東版 APC・諸伏健一郎/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
国府津海岸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。