夫婦揃って投げキス釣りで28尾 小さなアタリに苦戦【千葉・豊岡海岸】

夫婦揃って投げキス釣りで28尾 小さなアタリに苦戦【千葉・豊岡海岸】

3月16日(月)、シロギスの釣果が堅い館山湾は北西風が想像した以上に強く、富浦旧港の横にある北西風に比較的強い豊岡海岸に移動して、投げキス釣りを行なった。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

豊岡海岸で投げキス釣り

当日は夫と外房から南下し、投げシロギスの釣果が堅い館山方面を目指してドライブ。8時すぎに館山湾に到着。

北西風が想像した以上に強く波立っていた。予定していた築港堤防や自衛隊堤防では寒いうえ、荷物が飛んだりするのでほかの釣り場を探す。

北西風に比較的強い富浦旧港の横にある豊岡海岸に移動すると、風が岬にさえぎられ、これまでの釣り場とは違って穏やかだ。

夫婦揃って投げキス釣りで28尾 小さなアタリに苦戦【千葉・豊岡海岸】富岡海岸周辺ポイント略図(作図:週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵)

当日のタックル&仕掛け

ここで竿を出すことにして、9時ごろ、夫が自作した20号木オモリで正面4色に投入。ここは小型が多く軽くサビける木オモリが有効。ムクオモリより海底の起伏が分かりやすい。

夫婦揃って投げキス釣りで28尾 小さなアタリに苦戦【千葉・豊岡海岸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵)

2色半付近でアタリ

じっくりと探ると2色半付近でわずかなアタリ。しばらく待ったが反応はなく「空振りか」と思ったが回収すると、皮1枚でハリ掛かりした14cm本命のダブル。

夫婦揃って投げキス釣りで28尾 小さなアタリに苦戦【千葉・豊岡海岸】ダブルで上がる(提供:週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵)

週末の悪天候の影響で水温が低下したためか、魚体は冷たい。低水温のため活性が低くアタリが小さかったのだろう。夫も同じようで「きょうはアタリが小さい」とぼやく。

ハリ先の確認をしないでエサを付けると空振ることが多かったので、確認して丁寧にエサを付けるとヒット率が上がった。

夫婦2人で28尾の釣果

右側に移動して隠れ根周辺を狙ったがあまり釣れなかったので、元の場所に戻る。3色半投げてアタリがある場所を見つけ、夫婦で28尾上げた。

正午に一旦納竿し、昼食の後で再開するつもりだったが、西の空から黒い雲が近付き、13時ごろ釣り場に出ると突風が襲ってきたため強制終了とした。

 

<週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
豊岡海水浴場
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。