聖地でドボン釣り。ペースアップで新ベラ20枚!【茨城県横利根川】

3月17日(土)、佐原向地を流れる横利根川で、釣友のミホリンと陸釣りを楽しんだ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

聖地、横利根川へ

ドボン釣り。

昼過ぎから与田浦水系矢良川新堀で竿を出したが、魚が入っておらずアタリオデコ。

「このままでは引き下がれない」と、聖地・横利根川に助けを求めた。

午後3時過ぎに大曲第一カーブに到着すると、例会組の舟が引き上げている真っ最中。

陸釣りはゼロで、一級ポイントは貸し切り状態だ。

状況が分からないので19尺竿を継ぎ、グルテンセットのドボン釣りで狙う。

参考タックル図。

水深は3本半で0.3ミリ厚の板オモリを3センチ分緩く巻いたライトドボンで3時半に開始。

貸し切り状態とあってかすぐにアタり始め、6~8寸の新ベラが立て続けに竿を曲げる。

10カ月ぶりの網中釣行は、いきなりの歓迎セレモニーで始まった。

ミホリンは網中で竿を出すのが初めて。

黒部川で行う強いドボンではアタリがでず、悪戦苦闘している。

「ドボンではなく“トポン”」と表現する名手もいる聖地のドボン釣り。

本当に奥が深い釣りなのだ。

ペースアップしていく

どんどんペースアップ。

バラケに反応するので、下ハリスを45cmに詰めるとアタリが遠くなってしまった。

再び50cmに戻し、極小アタリに聞きアワセを入れていく。

すると、徐々にだがアタリが分かるようになり、ペースは上がってきた。

ミホリンはドボンではなく、ハリスオモリに活路を見いだしペースアップ。

ジャングルが茜色に染まるころには、常にどちらかの竿が曲がる好時合いとなった。

6寸~泣き尺の新ベラを20枚で5時半に納竿。

ミホリンも10枚以上釣り「短時間でこんなに楽しめるとは思わなかった」と、ニコニコだった。

新ベラがそろった。

冬の間は低迷していたが、ここにきて釣果急上昇だ。

▼アクセス
陸釣り300円(網外は無料)。
東関道大栄IC~国道51号を佐原方面へ。新水郷大橋北信号を右折してすぐ左折すれば横利根川の網中。網外へは県道11号(水戸鉾田佐原線)を北上。
この記事は『週刊へらニュース』2018年3月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。