ヘラブナ38cmがお目見え。本流産の魚が狙える【千葉県小野川吐き出し】

ヘラブナ38cmがお目見え。本流産の魚が狙える【千葉県小野川吐き出し】

千葉県香取市を流れる小野川の吐き出しは、利根川へかけてワンド状に入り組んでいて、本流産の良型が入り込む穴場になっている。例年2月下旬から釣れ始め、アメリカナマズがうるさくなるゴールデンウィークごろまで楽しめる。本流が増水した時は特に狙い目で、今月上旬の〝春の嵐〟直後は、多くの釣り人が押しかけた。

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

両グルテンの底釣りで開始

ヘラブナ38cmがお目見え。本流産の魚が狙える【千葉県小野川吐き出し】入釣場所から水門を見る。

3月22日(木)、午前9時前に到着。

前日からの雨は早朝にやみ、護岸ギリギリまで増水している。

水平護岸の下流寄りにスノコを置き、12尺竿を継いで両グルテンの底釣りで開始。

ヘラブナ38cmがお目見え。本流産の魚が狙える【千葉県小野川吐き出し】参考タックル図。

雰囲気はいいのだがまったくアタリがなく、1時間後に竿を15尺に伸ばす。

水深は2本でハリスオモリを打ち、人差し指の爪サイズのエサで10時に開始。

しかし、アタリ、触りなしで時間だけが過ぎていく。

このころになると、続ぞくと地元の釣り人が様子を見にくる。

誰もが増水を待ちかねていたようだが、気配のなさに肩を落としている。

都心部では積雪があったほどの冷え込みでは、致し方ないところか。

底釣りに切り替える

ヘラブナ38cmがお目見え。本流産の魚が狙える【千葉県小野川吐き出し】利根本流側を見る。

流れが止まったので11時過ぎにバランスの底釣りに切り替える。

上バリ3cmズラシで再開するが、状況は変わらず。

だが、11時半過ぎからハリにグルテンカスが付着してこなくなり、45分に痛恨のバラシ。

思わず天を仰いだが、依然ウキはモヤモヤしている。

勤務の関係上、納竿時間は正午。

ここが〝勝負どころ〟だ。

真剣にウキを見つめていると、返してから2節ズン。

竿が満月になり、両手で強引をこらえる。

どうにかこうにかタマ網に収めたのは腹パンの38cm。

ヘラブナ38cmがお目見え。本流産の魚が狙える【千葉県小野川吐き出し】仕留めた38cm。

「よっしゃー!」。

劇的なエンディングに興奮しながら家路を急いだ。

釣り座の背後に駐車でき、水平護岸で足場は良好。

手軽に本流産の魚が狙える好フィールドだ。

<週刊へらニュース APC・中村直樹/TSURINEWS編>

▼アクセス
釣り台必携。東関道大栄IC~国道51号を佐原方面へ。新水郷大橋手前で国道356号に右折。佐原消防署脇の信号を左折して突き当たりの土手を右折。
この記事は『週刊へらニュース』2018年3月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。