船カワハギ!マダイやイシガキダイも登場!【和歌山県河田フィッシング】

2月24日、和歌山県南紀串本へカワハギ釣りに行った。前日の深夜に仲間の中川さんと待ち合わせ、エサのシラサエビイワムシを買い串本に向かう。集合は午前5時半だったが、少し余裕をもって出たので4時半には串本へ到着した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日は爆風

ナイスなカワハギがヒット!!

時間が少しあるので、急きょ串本新港アジングでもということになり少し寄り道。

現場に着くと、同行者の中川さんの影響か爆風だ(笑)。

風が緩み、フォールでひったくるアタリが……。

即アワせて掛けると20cmを超えるアジだった。

この後、中川さんと探るも風が強くなり、ネンブツダイ1尾で待ち合わせ場所へ向かう。

着くと、同行者でエギング四天王の弓削和夫さんと仲間の江口さんが先に到着して準備をしていた。

今回、お世話になるのは串本港にある河田フィッシング

普段はカセ釣りをしている船宿で、カセ釣りの人を渡した後、2番船でマグロの養殖イケスに船を着けカワハギを釣らせてくれるのだ。

集合時間になり弓削さん、江口さん、山本竜二さん、山本敦樹さん、中川さん、私の6人で出船した。

養殖イケスに到着して船を固定し、まずは山本竜二さんが釣り方を説明&実釣。

一通りの説明が終わり、私たちも実釣開始した。

江口さんにジャミのアタリが続いたが、ここで待望の船中初ヒット。

サオがグンとしなる。

強烈な引きでのやり取りを制して、上がってきたのは33cmのカワハギ。

いきなりの尺オーバーで船中の活気が一気に上がる。

全員が釣りに集中するなか、立て続けに江口さんがカワハギを掛ける。

次は30cmジャストの尺カワハギだった。

集中していると、右舷ミヨシの中川さんのサオが曲がった。

食べごろサイズのマダイも顔見せ。

サオ先をトントンと小気味良くたたいていたのでまたカワハギかと思ったが、上がってきたのは食べごろサイズのマダイだ。

本命のアタリ……来いっ!

私は小さなジャミのアタリはあるものの、本命のアタリがない。

そろそろこないかなと思っていると、トンと今までにないアタリがきた。

アワせるとサオを大きくたたく。

今まで味わったことがないぐらいの引きに、尺カワハギの期待が膨らみ、「デカいのキタ~」と声が出た。

だが、上がったのは40cmを超える大きなイラ。

大きなイラも登場!

よく引くわけだ(笑)。

この後、小まめに移動しながら反応を探していく。

途中で白野港に立ち寄り、トイレ休憩を取って再出発。

白野周辺のイケス周りから始める。

何カ所か回ると、中川さんに待望のヒットで、2投連続でカワハギ。

次は私かと思っていると穂先が押さえ込まれ、今度こそと思ったがイシガキダイ。

イシガキダイもゲストで登場。

この後は全員がジャミに悩まさた。

このころから風が吹き船も大きく揺れだして、サオ先を安定させるのが難しいが、江口さんはカワハギを追加して断トツのトップ。

アタリを取ることも難しくなってきたので納竿となった。

私は本命のカワハギが釣れなかったが、これでまた私の中で目標もできた。
尺カワハギを手にする日まで楽しんでいきたいと思う。

<週刊つりニュース中部版 APC・和田格/TSURINEWS編>

▼アクセス
河田フィッシング
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年3月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。