渓流解禁!オススメ河川ガイド!【和歌山県日高川】

渓流解禁!オススメ河川ガイド!【和歌山県日高川】

厳しい寒さが続いたがフキノトウが芽をだし、ウメの花も咲き始め、ようやく春が見えてきた。3月になると、関西の河川ではアマゴ釣りが解禁となり、渓流釣りシーズンの幕開けを告げる。3~9月末が釣期で、自生は少なくほとんどが放流された魚だ。アマゴは他の釣りとは異なり、解禁日に非常によく釣れて、放流量の多い河川では100尾を超える釣果も出る。そんな中、今回は私の地元で、放流量が多く、昨年も好釣果だった和歌山県日高川を紹介したい。

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

今年も約23万尾の放流

渓流解禁!オススメ河川ガイド!【和歌山県日高川】日高川遠景。

日高川では、昨年から成魚放流を行っていて、上流の宮代から温泉付近に、25cm級が3千尾ほど放たれ、非常に盛り上がった。

放流状況だが、ダム上流の支流では、初湯川3万6千尾、寒川3万尾、丹生の川3万尾、小又川4万2千5百尾、小川、小森2万尾だった。

本流では昨年の6月1~13日に、小家~湯ノ又3万5千尾、龍神温泉~大熊3万尾が放流されている。

今年も、2月26日に宮代キャンプ場龍神温泉付近成魚3千尾を放流する予定になっている。

お勧めは、支流の小川小森、小又川、丹生の川、寒川上流で、解禁日には15cm級が多いが、入れ食いが楽しめる。

各支流で好釣果を望める!

渓流解禁!オススメ河川ガイド!【和歌山県日高川】日高川の渓相。

小川は、大熊から日高川町・旧美山村へと続く支流で、シーズンを通してよく釣れる。

上流にエン堤があり、その付近がお勧め。

小又川は、龍神から十津川へつづく支流で、終盤までよく釣れる。

小又川線は最終の民家から上の通行は可能だが「原則通行止めで自己責任」になっている。

丹生の川は、西から十津川へつづく支流で、上流ほどよく釣れる。

解禁当初はヤマセミ温泉から、加庄谷オートキャンプ場までがよく釣れる。

寒川は、小家から龍神へつづく支流で、上流ほどよく釣れる。

私は昨年の解禁日に入って、60尾ほど釣り上げた。

本流は支流に比べると釣果は落ちるが良型が釣れる。

宮代から上流に成魚を放流するので、長ザオを使っての豪快な釣りが楽しめる。

小家地区から柳瀬付近では、ルアーで大型が狙える。

狙いは、水温の上がり始める4月から梅雨ごろだが、35cm級がヒットしてくる。

過去に、40cmを釣り上げた瞬間を目撃したことも。

エサは川虫イクラだが、水温が上がるにつれて川虫が有効になってくる。

釣具店や地区の入漁券販売店にも置いてあるが、いつも食べている虫に反応がいいので、時間のある方は現地で調達することをお勧めする。

釣具店に専用のタモがあり、虫は、瀬肩付近の砂利に比較的多く住んでいるので、足で砂利をこねると浮いてきてタモに入る。

いいポイントでは、一度に20尾ほど入ることもあるので、ぜひ試してほしい。

解禁日にはどの地区も非常によく釣れるが、日が経つにつれて、本流や支流はあまり釣れなくなってくる。

4月以降になると、源流域がよく釣れて狙い目だが、電話がつながらないうえにクマに出会う危険性もあるので、鈴を付けたり複数で入川してほしい。

アマゴは非常においしい魚で、空揚げにするとやみ付きになるほどだ。

渓流解禁!オススメ河川ガイド!【和歌山県日高川】本年も好釣果を期待!

放流量の多い日高川、年配やファミリーでも楽しめるので、ぜひチャレンジしてほしい。

<週刊つりニュース関西版 APC・渡瀬美知彦/TSURINEWS編>

▼問い合わせ
松坂食堂
この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年2月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。