そう、使い分けたのだ。タイラバとジグを。ブリとかアコウとかゲット~!

1月14日、TEAM雑魚の原田さんと福岡市箱崎漁港幸の鳥を利用し、タイラバ&ジギングにトライした。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

小呂島沖のポイントへ向かう

船長はヒラメをゲット!

午前9時30分に出港し、小呂島沖のポイントには約1時間で到着、すぐにドテラで流す。

参考タックル図。

水温は16度と思ったより高い。

最初は、ゴールドのヘッドをチョイスして落としていく。

すると、ジギングをしていた原田さんに早くも大型アコウがヒット
活性は高そうだ。

私にもステイしてすぐにアタリがあり、40cmのアコウをゲットした。

隣の釣り人には大物らしきアタリがあったので、私は仕掛けを回収して見物。

このような場合は、船中みんなで協力して、確実に1尾をものにしよう。

その人は見事に中ブリをゲットした。

タイラバに対する反応が鈍い中、原田さんにも中ブリがきたので私もジギングにチェンジしてみた。

ガンガンジグSL/OceanRuler』80gゼブラグローでトライしてみたところ、これが当たり。

ステイ後の高速ジャークに一発でヒットした。

あまりデカくはないが、それでも80cmの中型メジににんまり。

ここで船長に根掛かりを思わせるアタリがあり、これはヒラメ80cmでドヤ顔だ。

すかさず原田さんにもアタリがあり、ヒラマサ90cmをキャッチした。

間髪入れず私にも良型ブリ88cmがヒットで、アクションやリトリーブスピードなどのイメージがマッチし、入れ食いモードに突入した。

時合いにデカいアタリが!

参考タックル図。

時合いに手返し良く狙っていくと、デカいアタリがでた。

最初は食い上げで20mほど巻けたが、その後はロッドをどんどん締め込まれサオ先が海面に突っ込んだ。

しかし、サオを立てるもフッと軽くなりブレイク。

回収して確認すると、フックが抜けていた。

この日はこんな感じで良型ヒラマサやブリがヒットし、非常に短い時間でもタイラバとジグを使い分けるタイミングが良かったと思う。

私はブリ80~88cm3尾、アコウ40cm1尾、アラカブ35cm1尾

原田さんブリ60~70cm3尾、ヒラマサ90cm1尾

同船者は中ブリ60cm3尾、アコウ、アラカブなどの釣果だった。

祝大漁祈安全

<週刊つりニュース西部版 APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

▼この船について
幸の鳥
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年2月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。