クロ釣りシロ星!44cm頭に入れ食いモード突入!【宮崎県宮ノ浦沖磯】

1月11日、宮崎県串間市・宮ノ浦沖磯へ、同僚の松下さんとクロ釣りに出かけた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

まきエサ作成

大釣果に恵まれた!

午前7時に渡船・室丸の2便で出港し、船長任せで上げてもらったのは大黒瀬

空いていた北側の船着きに私、南側に松下さんが釣座を構えた。

早速まきエサ作り。

クロ用の小粒オキアミ3角に集魚材の『グレゼロ/ヒロキュー』3袋を用意しており、半分を前半用に混ぜ合わせる。

グレゼロはオキアミと同じ速さで沈むので、エサを探し回るクロを煙幕に誘い込むと同時に警戒心を解いてくれる

つけエサはハリのサイズにぴったりの『生イキくんグレ/ヒロキュー』と、鮮度抜群の『刺しエサPRO生/ヒロキュー』のMサイズを用意。

船着きの角で釣り始めたが、正面からの強風と南からの大サラシで釣りづらい。

上潮だけが北向きに速く流れているが、底潮はあまり動いていない。

11時までに35~40cmを6尾釣るのがやっとだった。

釣り座を移動

参考タックル図。

高台に登って瀬全体を見渡すと、船着きと南側との中間にある釣座付近は潮が激しく動いていて、いい感じだ。

誰もサオを出していないのでそこに移動し、後半用のまきエサを作って釣り再開。

2投目でウキが入り、アワせるとまあまあの引き。

上がってきたのは35cmぐらいだ。

サオ3~4本先にできた潮目や沖の沈瀬周りで連発する入れ食いモードに突入。

足元のサラシにまきエサを一定のリズムでテンポよく多めに入れ、つけエサが残ってきたときはウキの手前にヒシャク1杯分だけ入れる。

クロの群れを浅く浮かせ、競ってつけエサを口にするよう演出すると、ウキ下が1.5mから1mへと、どんどん短くなってきた。

時々40cmオーバーもアタってきて、大事にタモですくう。

35cm級はぶり上げて、スピーディーな手返しを心掛ける。

午後3時に満潮の潮止まりを迎えるとクロのアタリは途絶え、エサ取りが沖まで出だした。

回収(4時)までまだ時間はあるが、今回はこれで十分と思い、納竿してまきエサを洗い流した。

結果、私はクロ40cmオーバー9尾を含め44cm頭30尾と思わぬ大漁に恵まれ、松下さんも40cm級を手に楽しんでいた。

海の状況変化で食いが大きく変わり、少しの移動で釣果に大きく差がでることを改めて勉強させられる一日だった。

<週刊つりニュース西部版 APC・新増初生/TSURINEWS編>

▼この船について
室丸
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年2月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。