コマセワラサ釣り82cmブリクラス登場 好ゲストのマダイも【利八丸】

コマセワラサ釣り82cmブリクラス登場 好ゲストのマダイも【利八丸】

11月17日(日)、内房勝山の利八丸から、コマセワラサ釣りに出かけた。本命の他マダイなどの好ゲストも顔を出した釣行をレポート。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・勢籏健治)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

利八丸からコマセワラサ釣り

5時30分、前泊組3人を含む全員が集合、受け付けを済ませて乗船。

6時、舟宝康弘船長の操船で港を離れる。35分ほど走って館山沖のポイントへ。海上はベタナギで快晴の釣り日和。

コマセワラサ釣り82cmブリクラス登場 好ゲストのマダイも【利八丸】利八丸出船場所(作図:週刊つりニュース関東版 APC・勢籏健治)

当日のワラサタックル

コマセワラサ釣り82cmブリクラス登場 好ゲストのマダイも【利八丸】タックル例(作図:週刊つりニュース関東版 APC・勢籏健治)

仕掛けは、ミチイトPEライン3号、片天ビンにビシ80号、ハリス10号6m、ヒラマサ12号の1本バリ。クッションゴムは1mを使用。ビシは上下とも開けて、コマセが一気に放出するように調整。

釣り場に着くと船長から、釣りかたとタナの指示がでる。「70mまで下ろしたらコマセを大きく振り出し、5m巻いてアタリを待つ。リールのカウンターではなく、ラインの色分けで水深を取るように。どうぞやってください」の合図で全員投入。

すぐ、右舷ミヨシの望月栄一さんにヒット。竿は大きく曲がり、竿先が海面に突き刺さっている。グイグイ巻いて、仲乗りが差し出すタモに収まったのは82cm、4.7kgの立派な魚体。

ワラサやマダイが続々ヒット

続いて、私の竿にもコツコツと反応、その直後一気に竿が突っ込んだ。強い引きでグイグイと引き込まれる。やりとりしていると急に軽くなり、ミチイトの高切れでバラシ。持参していたPEライン4号巻きの電動リールに交換する。

小移動のあと、左舷ミヨシにヒット。浦安市の磯田憲一さんが68cm、2.8kgを釣り上げる。

コマセワラサ釣り82cmブリクラス登場 好ゲストのマダイも【利八丸】磯田さんは68cmの本名をキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・勢籏健治)

さらに右舷ミヨシ2番の望月貴美さんにもアタって0.7kgのマダイ。

1kgクラスのマダイもヒット

このあと、水深90mの根上を流すと、サバが連続で食ってきた。この流しでは、左舷胴の間の土井広美さんが1kgクラスマダイをキャッチ。

コマセワラサ釣り82cmブリクラス登場 好ゲストのマダイも【利八丸】土井さんに1kg級マダイ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・勢籏健治)

82cmのブリクラスがヒット

10時50分、左舷トモの鈴木正実さんにアタリ。大きく曲がる竿をかかえてやりとりを繰り返している。10分間の格闘の末、丸々と太ったブリクラスを取り込む。計測すると78cm、6.2kg。

コマセワラサ釣り82cmブリクラス登場 好ゲストのマダイも【利八丸】78cm6.2kgを手にした鈴木さん(提供:週刊つりニュース関東版 APC・勢籏健治)

その20分後、再び右舷ミヨシの望月栄一さんにヒット。82cm、5.1kgのワラサを追加。12時30分に沖上がりとなった。

当日の最終釣果

釣果は0~2尾、船中5尾にマダイ2尾。ゲストはアジ、サバやキントキ、メジと多彩だった。

今年は大型が回遊しているので、ミチイトはPEライン4号、太めの仕掛けがお勧め。

<週刊つりニュース関東版 APC・勢籏健治/TSURINEWS編>

▼この釣船について
利八丸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年11月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。