レンタルボートでロックゲーム&アマダイリレー【ヤマハ・シースタイル】

レンタルボートでロックゲーム&アマダイリレー【ヤマハ・シースタイル】

11月10日(日)、神奈川県足柄下郡真鶴町にある真鶴ベイマリーナから「ヤマハマリンクラブ・シースタイル」を利用してレンタルボート釣行。いつもは、大型の乗合船に乗ることが多いので、マリーナから仲間と気ままに出船するスタイルのレンタルボートは、憧れでもあり、とっても楽しみ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・白井 亜美))

Avatar photo
白井 亜実

東京湾を中心に、電車で行ける船宿を巡って「船釣り」を楽しんでいます。老若男女問わず共に楽しめるのが釣りの魅力。初心者の方からベテランの方まで、釣りを通した四季の楽しみ方を発信していけたらと思います。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

後半はアマダイ狙いへ

ここからはマリーナ真鶴沖でのアマダイに転戦。陸からあまりの近さに、あらためてこのエリアならではの地形の違いに面白さを感じました。水深60~80mを探っていきます。

7対3調子の竿+電動リールに持ち替えて仕掛けを投入。コンコンと、海底を小突くと、もったり海底にオモリが刺さる感触。いい感じの砂地です。

流れはほとんどなく、ミチイトは立っている状況。1m底を切って、ふわりと竿先を立てて誘い上げ、ゆっくりと竿先を下げます。

すると、ココンというアタリ。アワせると、竿先が止まります。キタ!念のため数回手巻きし、電動スイッチオン。大きくはなさそうですが、ココン、ココンと小気味いい引き。上がってきたのは定番ゲストのキダイ。

レンタルボートでロックゲーム&アマダイリレー【ヤマハ・シースタイル】当日のアマダイタックル(作図:TSURINEWS編集部)

本命混じりのイトヨリ入れ食いへ

レンタルボートでロックゲーム&アマダイリレー【ヤマハ・シースタイル】電動タックルで挑戦(提供:WEBライター・白井 亜美)

オキアミを付け直していると、どうやら左舷の女性陣2人にダブルヒットした模様。やがて、「アマダイだ~」の声。2尾の可愛い本命登場に、船上が賑わいます。

その後、アタリが落ち着きポイント移動。水深は80~90m。こちらも、いかにもアマダイがいそうないい砂地です。本命が釣れた仕掛けはケイムラバリだったようなので、私も変更してタナは少し低めを意識して漂わせてみます。

派手なアタリにしっかりアワせ、 巻き上げてくると、暴れるようないい引きに重み。天ビンを取り込みクルクルと浮かんでくる魚影。美しいピンクの魚体に黄色いライン。一瞬「もしかして本命?」と期待したら…アマダイに配色がよく似た、良型のイトヨリ。

こちらもアマダイ釣りでは定番のゲストですが、とっても美味しい高級魚。すると、「私もイトヨリ~」と、このタイミングで船中パタパタっと数尾上がり、入れアタリが続きます。嬉しいゲストにみんな大喜び。

レンタルボートでロックゲーム&アマダイリレー【ヤマハ・シースタイル】MIHOさんにイトヨリ(提供:WEBライター・白井 亜美)

ラストは同乗者にアマダイ

楽しい時間はあっという間に過ぎ、そろそろ帰港の時間。ここで、左舷のMIHOさんに何やらヒット。時折、叩くようないい引き。これは本命の予感?クルリクルリと姿を現したのはアマダイ。さすがです!ここでタイムアップ。

14時30分に納竿。後半のアマダイは、本命が船中4尾、イトヨリは10尾とアタリが多く、とっても華やかな釣行となりました。移動しながら片付けをしていると、間もなくマリーナに到着。

スタッフの方々が荷物を運ぶサポートをしてくれます。レンタルボートは、ちょっと敷居が高いイメージでしたが、こんなにも手軽で快適、スムーズに利用ができるということを知って、釣行プランがまた1つ増えそうです。

ターゲットもタックルも自由。計画を立てるところから楽しめるレンタルボート釣行。ぜひ、みなさんも釣り仲間と一緒に体験してみて下さい♪

<白井 亜美/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り船について
真鶴ベイマリーナ
出船場所:足柄下郡真鶴町

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。