ハイシーズンの『オフショアジギング』でヒット頻発 ヒラマサには苦戦

ハイシーズンの『オフショアジギング』でヒット頻発 ヒラマサには苦戦

秋も深まり、さまざまなターゲットが楽しめるハイシーズン真っただ中の10月28日。ヒラマサをメインターゲットに、オフショアジギングへ出掛けた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

箱崎漁港からオフショアジギングへ

前日もジギングでヤズ~ハマチサイズの入れ食いに、ヒラマサも連発。期待に胸を膨らませながら、午前7時に福岡市の箱崎漁港から出船。まずは前日に釣果が出たエリアから攻めていくことにした。

手前の方から徐々に沖に向かいながら、魚礁や瀬をラン&ガンしていくと、4か所目のポイントでヒット。ファイトを見る限り青物ではなさそうだったが、ネットインしたのは少々小ぶりでもうれしい外道のソゲ(ヒラメ)50cm。

ハマチサイズがコンスタントにヒット

ハイシーズンの『オフショアジギング』でヒット頻発 ヒラマサには苦戦ハマチサイズ連発(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

その後もラン&ガンを繰り返し、3~5kg程度のヤズ~ハマチサイズがコンスタントにヒット。あくまでも本命はヒラマサであるが、序盤にお土産を確保できるかどうかは精神的な余裕につながるので、悪くはないスタートである。

すると、一番前で釣りをしていたMさんのロッドが不意に大きく曲がるのを確認。フッキング直後の魚の引きでヒラマサなのかヤズなのかを判断できるのだが、これは間違いなくヒラマサだ。

ヒラマサの場合、好きに走らせてしまうと瀬ズレによるラインブレイクを起こしてしまうので、軽くアドバイスを送り、無事にランディング成功。釣り上げたのは80cmのまずまずの個体だ。

良型ヒラマサヒットもラインブレイク

その後も2回ほどヒラマサがヒットしたが、残念ながらこれらは瀬ズレによるラインブレイク。ほか良型サワラをキャッチすることができた。

その後は少し船を走らせ、前日好調だったエリアへと場所を移すと、少しサオを振らせてもらっていた私にヒット。

手応えからして5kgは下らないと判断し、ハンドドラグで瀬ズレを回避。ラインテンションに気を付けながら徐々に魚との距離を縮めていくが、途中にヒラマサが頭を振ったところで、口切れによるラインブレイク……..。

まさかの7連続バラシ

これで悪い流れを呼び込んでしまったのか、ここから船全体でラインブレイクを含む7連続バラシ。何ともいえない結果に笑うしかなかったが、各ポイントを移動しながらヤズ~ハマチサイズ、ヒラマサを追加。

ハイシーズンの『オフショアジギング』でヒット頻発 ヒラマサには苦戦ヒラマサやハマチが多数ヒットした(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

終盤は潮止まりを迎え、ヒットのペースは落ちてしまったが、高級魚のアラなどお土産を追加。ヒラマサのキャッチ率が高ければ文句のない内容で、全体を通してはよくサオが曲がった一日となった。

<週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
エル・クルーズ
出船場所:福岡市箱崎漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年11月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。