沖ジギングで寒ブリ!ドーンと12キロの重量級!【福岡県津屋崎港SⅡ】

昨年の12月21日、福岡県福津市津屋崎港から出船している遊漁船・SⅡにお世話になり、9人でジギングに行ってきた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

七里ヶ曽根のポテンシャル

仕留めたヨコワ。

この時期には珍しく、晴天&波高1mと絶好の釣りびよりの予報。

午前6時前に出港し、長崎県の七里ヶ曽根へ向かい、9時前に釣り場到着。

水深120mのドテラ流しでスタートした。

1投目から同船者のSさんにヒット!なかなか大きそうな雰囲気。

慎重に巻き上げたファーストフィッシュは、いきなりの10kgオーバーの青物!

そして私にもヒットするが、痛恨のハリ外れ……。

しばらくするとYさんがフォール中にヨコワ(クロマグロ)をヒットさせ、無事12kgクラスをランディング。

さらに同船者に12kgのブリもヒットし、七里ヶ曽根のポテンシャルの高さを実感。

その後は単発的にアタる程度で数が伸びず、静かな時間が続いた。

ノーフィッシュからの状況は一転

10kgオーバーは一投目のヒットで!

場所移動を繰り返しながら5~3kgクラスを拾っていく状況の中、午後2時すぎになり、ノーフィッシュは私のみ。

初っ端のフックオフ以来、魚信もない状況に心が折れそうな中、懸命にシャクり続けていると、底から2~3シャクリで戯れつくような前アタリの後にドンときた。

ようやくのヒットだ。

しかし、慎重に上げたのは3kgのヤズ……。

何とかボウズを免れ、気持ちが楽になった途端に連発!今までは何だったのかという状態で、5kg・3kgのヤズを追加し、4時に納竿。

結果的には良型もでて良かったものの潮が動かず、風で船が流されていく状況で底べったりをネチネチ誘って、ようやく口を使うというような感じでかなり渋かった。

しかし釣れた魚は丸々としておいしそうな寒ブリだった。

<週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之/TSURINEWS編>

▼この船について
SⅡ
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年1月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。