東京湾『LTアジ』釣りで40cm超え頭に本命80尾超え【つり幸】

東京湾『LTアジ』釣りで40cm超え頭に本命80尾超え【つり幸】

10月28日(月)、相変わらず好調を維持している東京湾のLTアジ釣りを楽しむために、川崎のつり幸を訪れた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・木村俊明)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

つり幸でLTアジ釣り

当日は、釣友の佐伯さんから強い申し出があって計画をしたLTアジ釣りだ。天気がいいため、平日ながら続々と釣り人がやって来る。何と3隻出しの大盛況で、私たちは右トモ2番から並んで席に着く。

東京湾『LTアジ』釣りで40cm超え頭に本命80尾超え【つり幸】船宿・つり幸本家の乗船場所(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

6時50分に出船、運河を通り東京湾へ。ポイントにはわずか15分ほどで到着する。この日は大潮で11時ごろが干潮、ほぼ下げ潮狙いになる。入念な潮周りの後、位置が定まり開始の合図。水深17m、タナは底上2m。

LTアジのタックルと仕掛け

東京湾『LTアジ』釣りで40cm超え頭に本命80尾超え【つり幸】当日のタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

船宿で配布された青イソメを3cmほどに切り、自作のハリス1.5号3本バリ仕掛けに付ける。イワシのミンチコマセは40号ビシにフワッと緩めに詰める。

ビシを前方に軽く振り込むように投げ入れる。ただ船下に落とすだけだと、仕掛けと重なってしまいオマツリの原因になる。

着底後、イトフケを取り1m巻き上げてからキュキュッとコマセを振り出す。その後、もう1m上げて待つ。

コマセで寄せて22cmから登場

コマセを多くまいて魚を寄せるため、開始直後は頻繁に入れ直すと、そのかいあって、クンクンクンとしたアタリ。初物だから多点掛けは狙わずにすぐに巻き上げる。1番下に22cmがぶら下がっている。小型だがコロッとしていて美味しそう。

次の投入では、コマセを振ってタナを合わせた瞬間、「待ってました」とばかりの明確なアタリ。今度は一荷だ。

隣の佐伯さんは「アタリがない」と言う。「タナは底上2mだよ」と教えても好転しない。シャクッた後の竿先が安定せず、タナが狂っているようだ。

大型38cmをハリス1.7号で抜き上げ

しばらくして今までにない大きいアタリで、引きは半端じゃなく強い。竿先が海中に持っていかれる。浮上したアジを見てびっくり、40cmはあろうかという大型だ。タモで取ろうとしたときに痛恨のバラシ。ハリが伸ばされていた。隣の人は同級の大アジを一気に抜き上げる。「2号のハリスを信じました」とコメント。

切られないよう仕掛けをハリス1.7号に交換すると、またも大型のアタリ。今度はハリをのされる前にエイッと抜き上げて38cmにニンマリ。

この作戦は的中、佐伯さんも大型を上げてえびす顔。

東京湾『LTアジ』釣りで40cm超え頭に本命80尾超え【つり幸】佐伯さんの3点掛け(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木村俊明)

9時ごろ、アジをクーラーへ移しながらカウントすると30尾を超えていてまあまあのペース。型は大中小の交じりで、小型は2点、3点で釣れ続く。

置き竿釣法にも大型アジ

9時半に初めての移動、といってもわずかに動いただけ。ちょっと疲れたのでタナに合わせて置き竿にする。これにポツポツと掛かってくる。

数カ所移動して最後のポイントへ。ここでも置き竿釣法にすると竿先がギュンと入る。引きはとても強く、大型のアジと予想して慎重に巻き上げる。ハリスは太いので、浮上した魚は迷うことなく抜き上げる。釣果に満足して納竿。

東京湾『LTアジ』釣りで40cm超え頭に本命80尾超え【つり幸】筆者の大型・中型の一荷(提供:週刊つりニュース関東版 APC・木村俊明)

次のページで最終釣果発表!