手こぎボートで気ままな釣り満喫 イナダ3尾にカワハギ4尾【神奈川】

手こぎボートで気ままな釣り満喫 イナダ3尾にカワハギ4尾【神奈川】

10月17日(木)、相模湾長者ヶ崎から出舟、手こぎボートで釣行した。イナダが頻繁にヒットし、最終釣果はイナダ3尾に、カワハギ4尾。これからカワハギは本番を迎えるので、再挑戦したい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・松崎健)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

長者ヶ崎で手こぎボート釣り

6時半に到着。薄曇りでやや北風がある。あまり遠くには行かず、浅場を狙うことに決める。

引き舟されて約10分でポイント付近に到着。アンカーを入れて開始する。まずは、そろそろ期待が持てるカワハギ狙い。アサリのむき身の水管にハリを刺し、続いてベロ、最後にハリ先がワタに入るようにていねいに装餌。

水深は約12m。仕掛け着底後、イトフケを取り、ゆっくり聞き上げて様子をみる。すると、すぐにアタリ。しばらくしてから回収してみるとエサは残っておらず、本命はいるようだ。

投入後、誘ってみるが掛からない。ようやくヒットしたのはベラやトラギス。時々、本命は掛かるがリリースサイズ。

ビシ釣りに変更でイナダ連発!

コマセを使ったビシ釣りに変更する。

しばらくすると魚が寄って来たようで、顔を見せたのは30cmほどのアイゴ。この魚が掛かるということは、海中はまだ夏のようだ。

強烈なアタリ。慎重にリーリングすると姿を見せたのは40cmのイナダ。その後もこの魚がひん繁にヒットする。とりあえず3尾キープして残りはリリース。

カワハギ再挑戦で本命手中

10時すぎ、再びカワハギ狙いへ。

ボート釣りではコマセを効かせた後に寄って来ることがある。それを期待して仕掛けを投入すると良型がヒット。海面付近で暴れる力は強くとても面白い。その後も何とか良型を追釣することができた。

正午、予定通り迎えに来てもらって沖上がり。

当日の釣果は23~27cmのカワハギ4尾、38~40cmのイナダ3尾。ほかは全てリリースした。

手こぎボートで気ままな釣り満喫 イナダ3尾にカワハギ4尾【神奈川】釣果の一部(提供:週刊つりニュース関東版 APC・松崎健)

これからが本番のカワハギ釣り。また挑戦したいと思う。

<週刊つりニュース関東版 APC・松崎健 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
出船場所:相模湾長者ヶ崎
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年11月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。