オフシーズンは愛機のお手入れを♪スピニングリールのメンテナンス方法

冬は釣りもシーズンオフ、という人は意外に多いようだ。そんなときにしておきたいのが道具の手入れ。今回はスピニングリールのメンテナンス方法を解説する。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

工具を使わないメンテナンスに挑戦してみよう

折りたたみハンドルの可動部にも注油を。

ひと口にメンテナンスといっても、簡単な注油から本格的な分解整備までその内容はさまざま。

今回紹介するのは誰にでもできる、工具を必要としない簡単なメンテナンスだ。

ただし、これは調子を維持するためのもので、すでに調子の悪いリールを復活させるものではないのでご了承願いたい。

メンテナンス=水洗いではダメ

メンテナンスの基本はオイルとグリス。

リールには多くの金属部品が使われているため、海水が付着したまま放置すれば当然のように錆が発生する。

また、結晶化した塩分が作動不良を引き起こすことも多い。

淡水の場合は海ほどのダメージはないにしても、砂やほこりなどの影響は少なからずある。

そのためメンテナンスの基本は水洗いとよく言われるが、実はこれが間違いの元。

その理由は、リールにはオイルやグリスなどの油脂類が使われているためだ。

これらは潤滑だけでなく、水や異物の浸入を防ぎ、錆の発生を抑えるという大切な役割を担っている。

冬でも快適に使えるよう、リールには低温流動性の高い油脂類が使われるため、大量の水で洗えば簡単に流失する

中には一緒にお風呂に入るなんて人もいるが、これはもう完全にアウトだ。
油脂類は熱で軟らかくなるため、お湯で洗えばさらに油分は流失しやすくなる。

また、水にドボンと浸ける人もいるが、これもアウト
お湯ならなおさらだ。

汚れは湿らせたタオルや歯ブラシ、綿棒で落とそう

ハンドルを外してベアリングに注油。

水圧がかかれば水は簡単にリール内部まで浸入して、油脂類を劣化させる。
見た目は確かにキレイになるが、洗えば洗うほど内部は蝕まれていくのだ。

分解しないで外部から注油できる部分など、たかが知れている。
完全に分解して整備するという場合を別にすれば、水洗いは可能な限り避けた方がいいだろう。

しかし、だからといって汚れたままでOKという訳ではない
汚れと一緒に必要な油分まで落としてしまっては意味がないのだ。

使用状況が堤防釣り程度なら、湿らせたタオルで拭くだけでも汚れは落とせる

手の入らない部分は、歯ブラシや綿棒などを活用しよう。

水を使って洗う場合の注意点

スプール裏のベアリングにもオイルを少々。

水をかけるのは汚れがひどい場合や、船やウエーディングなど海水を浴びるような条件で使用した場合だけ。

この場合も、細部に入り込んだ塩分を浮かせることができればそれで十分だ。

手順としては、まずドラグノブを締め込み、スプール側を上にした状態で上から弱いシャワー(私は霧吹きを使用している)をサッとかける。

ドラグノブにパッキンのない機種は締め込んでも無意味なので、ドラグノブを避けて斜めから水を掛ける。

いずれの場合も下側(ローターの裏側)から水をかけるのはNG
表面の塩分は簡単に溶けるので、軽くぬらす程度で十分だ。

次にブラシなどで汚れを浮かせ、これまた弱いシャワーでサッと流す。
あくまでも「サッと」だ。

あとはリールを軽く振って水気を飛ばし(リールまで飛ばさないように注意)、乾いたタオルで拭き取れば洗浄は完了。

注油をしてみよう

ハンドルノブの注油穴。

この状態で乾燥させたら、次は注油。

使用するのはリールメーカーから発売されているスプレー式のオイルとグリスだ。

両者の違いは、簡単に言えばその粘度。

回転を重視する部分や頻繁に注油できる部分はオイル、耐久性を重視する部分や負荷のかかる部分はグリスと使い分ける。

まずはハンドルノブハンドルの折り畳み部ラインローラーベールのピボット(回転軸)レバーブレーキの機種はそのピボットなどの可動部にオイルをスプレー。

ベールのピボット部にも。

隙間からひと吹きすれば十分だ(ダイワのマグシールドは注油禁止なので要注意)。

機種によっては、ハンドルノブやラインローラーに注油穴が設けられたものもある。

注油穴からオイルをさす。

はみ出したオイルはほこりが付着する原因となるため、きれいに拭き取っておこう。

次はドラグノブを緩めてスプールを外し、シャフトの根元にオイルを1滴
スプールの受け部にベアリングのあるものは、そこにも1滴注油する。

続いてハンドルを外すと内部にベアリング(または樹脂ブッシュ)が見えるので、左右にオイルを1滴ずつ。

グリスをさして仕上げ

ドラグノブの当たり面とパッキンにはグリスを薄く塗る。

そして最後はグリスの出番。

塗るのはドラグノブの裏側ドラグワッシャーとの当たり面だ。
ドラグノブにパッキンがあれば、そこにも薄く塗っておくといい。

指や筆などを使うと飛び散らずキレイに塗れる。

あとは元通りに組み立てて出来上がり。

注油の頻度は釣行回数にもよるが、サンデーアングラーであれば月に1~2回程度で十分だろう。

雨のなかで使ったときなどは、忘れずに注油しておきたい。

メンテナンスの際、あわせて確認したいのがスプールエッジの傷だ。

スプールエッジに傷が入っていないかチェック。

キャスト時にラインを傷める原因となるため、指で触って段差があれば補修しておこう。

傷の大きさにもよるが、まずは240~400番程度の耐水ペーパーで傷を滑らかにし、最後は600~1000番で仕上げるといい。

さて、次回は両軸リール編。
こちらの方もお楽しみに。

<週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年1月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。