カモン!アマダイ!誘うと断然食いがいい【神奈川県相模湾まごうの丸】

12月14日(木)、相模湾茅ヶ崎まごうの丸からアマダイ船に乗船した。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

美味しいイトヨリ浮上

7名がまごうの丸に乗船。

午前6時50分、7人が集まり古山拓也船長の操船で出港。

10分ほど走った真沖のエボシ岩周りでスローダウン。

水深62m、徐々に深くなっていくので、小まめにタナを取り直して下さい。
置き竿より誘さったほう食いがいいですよ」のアナウンスで開始。

着底後、1m底をきって様子をみると、すぐに〝クンクンッ〟アタり、上がってきたのはイトヨリ。

美味しい魚なのでキープする。

前日より水温が下がったのか食いが渋い。

1時間ほど流したところで船長はこの海域をあきらめ、少し走った平塚沖の水深80mへ移動。

大型の予感に盛り上がる

参考タックル図。

すると左舷胴の間の佐藤さんが良型のアマダイを連チャン。

エサ船宿支給オキアミと『生イキくんツインパック/ヒロキユー』を併用とのこと。

左舷ミヨシの永田さんは1本バリでいろいろな誘いを駆使して順調に数を伸ばす。

右舷胴の猪飼さんには大型が掛かったようで、慎重なリーリング。

思わずとても美味な白アマダイかと思い、周囲から歓声が上がった。

しかし浮いてきたのは2kg超のイラでガッカリ。

右舷胴の間の坂井さんは本命を手に「きょうは出掛けにかみさんが渋い顔。こういう時は、必ず貧果に終わるので、とりあえず型を見れてひと安心」と笑顔。

ポイントを移動

船中最大は45cm。

11時半すぎ、再び船は大きく移動して江ノ島沖水深90mへ。

左舷ミヨシ2番の塩見さんに本命。

続いて右舷ミヨシの小林さんは44cmの良型を取り込む。

さらにこの日一番の大型を釣り上げたのは右舷トモの小阪さんで45cm。

きょうは誘ったほうが断然食いがよかった」という。

午後2時に沖上がり。

釣果は20~45cm2~12尾だった。

<週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆/TSURINEWS編>

▼この船について
まごうの丸
釣り船予約サイト『釣楽』からの予約でお得なポイントをゲット!

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年1月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。