メタルジグ&ジグヘッドでのアジングで本命連発 ふわふわアクションが吉

メタルジグ&ジグヘッドでのアジングで本命連発 ふわふわアクションが吉

9月25日に福岡県遠賀郡芦屋町の海浜公園沖にある地続きの石波止へアジング釣行へ赴いた。当日は、2gのジグヘッドでボトム付近を狙い、22cm級のアジの引きを楽しんだ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュー西部版 APC・鶴原 修)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

石波止へアジング釣行

9月25日、仕事が終わってアジングに出かけた。釣り場は自宅から近い福岡県遠賀郡芦屋町の海浜公園沖にある地続きの石波止だ。

最近、この石波止によくアジングを楽しみに通っているトギーさんに連絡を取ってみると、「ここ最近も24cmを頭によく釣れている!」とのこと。

現地で待ち合わせの約束をした。

メタルジグでアジ連発!

石波止に行くと私の方が早かったので、まずはメタルジグを使い何かフィッシュイーターがこないか?と、探ってみる。

すると、2投目にして22cmには満たないサイズのアジがヒット。

スローなシャクリでボトム付近を狙っていた時にアタってきた。

次もヒットしたが、今度はサイズダウン。

3投くらい連続でアジがアタり、この日は活性が良さそうだ!次は25cmに迫るサイズのアオアジで「メタルジグでめっちゃ釣れるやん」と、1人で興奮気味。

ジグヘッドリグへ変更

メタルジグ&ジグヘッドでのアジングで本命連発 ふわふわアクションが吉当日のタックル(作図:週刊つりニュー西部版 APC・鶴原 修)

それからもトギーさんが来るまで、メタルジグで30cmクラスのサバの入れ食いを楽しみ、トギーさんが来たところでジグ単のアジングタックルに変更。

スーパーメタルトップのサオ先が装着されたアジングロッドに持ち替え、タングステンシンカー月下美人のジグヘッド1g(♯10)にワームはアジングビーム2インチ(蛍霧羅クリア)からスタート。

トギーさんに前日の入れ食い話を聞きながら、表層からボトム近くまでスローな釣りから速い釣りを試しながら、この日のヒットパターンを探る。

ボトムでのスローアクション

開始から30分くらいたってか、1尾目のアジがヒット。

メタルジグ&ジグヘッドでのアジングで本命連発 ふわふわアクションが吉アジヒット(提供:週刊つりニュー西部版 APC・鶴原 修)

アタリはメタルトップに小さく現れ、手にも「ツン」と微かなアタリを感じたくらいで、小さなアタリを掛けアワせた感じだった。

サイズは22cmクラスといったところか。

この日のアクションはスローで、狙いはボトム近くなので大きめのオモリが良さそうな雰囲気。

タックルをメタルジグで使っていたPEラインを巻いたタックルに持ち替え、ジグヘッドを2gに変更。

ワームも長めの3.5inchとし、ボトム付近をふわふわとアクションさせ狙う作戦に!すると、見事に狙いが的中。

3投3尾でアジをキャッチ。トギーさんも同じパターンでヒットに持ち込んでいる。

メタルジグ&ジグヘッドでのアジングで本命連発 ふわふわアクションが吉アジ特融の引きを楽しんだ(提供:週刊つりニュー西部版 APC・鶴原 修)

当日の最終釣果

たまに、ぶり上げる途中で石の隙間に落として「オートリリース」してしまうなど、ワイワイ言いながら日暮れを迎えるころに終了。

また行きましょう!と約束をし、2人で釣りをした時間は正味1時間ちょっとだったが十分楽しめ、22cmオーバーのアジを5尾キープして刺し身でおいしくいただいた。

<週刊つりニュー西部版 APC・鶴原 修/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
福岡県遠賀郡芦屋町海浜公園沖
この記事は『週刊つりニュース版』2019年月日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。