波止からのワインド&ジギングサビキでタチウオ攻略【貝塚人工島】

波止からのワインド&ジギングサビキでタチウオ攻略【貝塚人工島】

10月14日の早朝に大阪府貝塚市の貝塚人工島にある通称プールと呼ばれる人気ポイントへ。朝マヅメはワインドでタチウオ狙い、完全に日が昇ったらジギングで青物狙いでの釣行。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

朝マヅメはワインドでタチウオ

釣り場に着いたのは午前5時過ぎ。やはりかなりの釣り人で賑わっていて、少し場所を空けてもらい何とか釣り座を確保できた。早速ルアーで探ろうと準備をする。

今回のタックルは、シーバスロッド9ftにPEライン1号を巻いた3000番のスピニングリールをセット、ショクリーダーにワイヤーを10cmセットした。まずはワインドで狙うため、ルアーはジグヘッドにワインド用ワーム90mmのホワイトグローカラーをセット、これにトレブルフック+アシストフックという内容だ。

早速キャストを繰り返してアタリの出るタナを探ることにする。周りの様子を見ると、タチウオが回遊しているようでポツポツと上がっているようだ。

波止からのワインド&ジギングサビキでタチウオ攻略【貝塚人工島】貝塚人工島の釣り場(提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

本命ヒットするも小型でリリース

少しするとコンコンとアタリが伝わったが、ヒットはしない。回収してワームを見るとタチウオの歯によるキズが少し入っている。まだ使えるのでそのままキャストを繰り返すと、少しして小さなアタリがあり今度はフッキングしたようだ。ただ、かなり引きが弱い。明るくなりだした海面から姿を見せたのは60cmほどの小さなタチウオで、即リリース。

ワームがボロボロになったので新品に交換して再び探ると、しばらくしてヒット。これも引きからして弱く、姿を見せたのは先ほどと同サイズでリリースした。

ジギングサビキで青物狙い

群れも小さく小型が多いような感じだが、次第にアタリもなくなってきたので、仕掛けを堤防ジギングサビキセットに交換して青物を狙うことにした。この仕掛けは枝バリ2本に30gのブルーピンクのジグがセットになっていて効率よく青物などが狙える仕掛けだ

時折沖合でナブラが出るなどテンションが上がる。少し離れた場所ではアジをエサにノマセ釣りをされている方が、ツバスを上げているのを確認できた。ルアーでもサゴシにツバスやハマチクラスが上がっており、私にもヒットしないかとキャストに気合が入る。

青物不発も良型タチウオが

投入を繰り返していると、ガツンとアタリが出た。しかし走ることもなく、しめ込むような強い引き。姿を見せたのはタチウオだ。手にしたのは指3本80cmで、これはキープした。

青物をヒットさせたくて、この後もキャストを繰り返すが、反応もなく9時前にに脳幹。釣果は80cmまでのタチウオが3匹、キープは1匹だった。帰宅後、早速お刺し身で頂いたが、家族においしいと喜んでもらえたので満足だ。青物も食卓で振る舞いたいので、チャンスがあればまた狙いに行きたい。

波止からのワインド&ジギングサビキでタチウオ攻略【貝塚人工島】持ち帰ったタチウオは刺し身に(提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

<奈良鱒兵衛/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
貝塚人工島プール

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。