アジの泳がせ船で40cmタカバに1m超えのアカヤガラ顔見せ【福岡】

アジの泳がせ船で40cmタカバに1m超えのアカヤガラ顔見せ【福岡】

9月14日、釣友の大島さんに誘ってもらい、船でアジ泳がせ釣りに行くため福岡県遠賀郡芦屋へ。当日は、厳しい状況ながらも高級魚狙いで40cmタカバやアカヤガラを手中にできた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹 )

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

アジの泳がせ釣行

午前6時30分に集合し、7時すぎに出船。まずはエサとなる小アジを釣るため、すぐ近くの橋脚付近にアンカーを入れてそれを狙う。

アジの泳がせ船で40cmタカバに1m超えのアカヤガラ顔見せ【福岡】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹 )

しかし、釣れるアジが20~25cmとエサにしては予想以上にサイズが良いので、場所を移動して15cm級の小アジを確保したところで沖のポイントへ向かう。

ポイントに到着したら小アジを船のイケスに移し、鼻掛けと背掛けで底へ落とす。

すると、すぐに反応があり、釣り上げたのは30cmのエソ。小骨が多く見た目もあまり良くないので意外と人気がない魚だが、知る人ぞ知る高級カマボコの材料になる魚なので、すり身にして吸い物などで食べるのがうまい。

しっかりキープして、さらに高級魚を狙う。しかし、その後はなかなかアタリがでない時間が続く。

40cmタカバがヒット

何度も大島船長が船を入れ直してくれ、ようやく待望のアタリをとらえた。慎重に海面へと浮かせた魚は40cmのタカバであった。

大島さん曰く、「泳がせ釣りで釣れる魚はほとんどが高級魚ばかり」というように、前回同様に今回もタカバに会えた。

さらなる高級魚に会うため、置きザオにはせずひたすらアタリを待つ。

メーター超えのアカヤガラゲット

当日は、私たちのいるポイント付近に大島さんの釣り仲間も船を出しているが、皆厳しい状況だと大島さんの携帯に連絡が入る。

それでも黙々と小アジを底へと送り続けると、再びサオ先がアタリを伝えてきた。大きくサオが曲がったところでアワセを入れると、そんなに重量感はないが何か魚は掛かっている。

慎重かつ素早く海面へと浮かせると、姿を見せたのは1mを軽く超えるアカヤガラ。タモ入れしにくいとのことで、大島船長がタオルを片手にハンドランディングで捕獲してくれた。

私は初めて出会う魚だったので、どうやって食べるのがうまいのか尋ねると、ブツ切りにして鍋で食べるのがうまいと教えてくれた。

当日の最終釣果

アジの泳がせ船で40cmタカバに1m超えのアカヤガラ顔見せ【福岡】(提供:週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹 )

その後もヒラメのようなアタリはあったのだがヒットには持ち込めず、午後3時に納竿とした。

翌日、アカヤガラは教えてもらった通りに鍋にして、タカバは刺し身、エサで持参した小アジも余った分は南蛮漬け、ちょっと良いサイズのアジはフライにした。

どれも最高においしかった。

<週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹 /TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。