シーズン開幕の東京湾イシモチ船で34cm頭に48尾と好調【鴨下丸】

シーズン開幕の東京湾イシモチ船で34cm頭に48尾と好調【鴨下丸】

「八景沖のイシモチ狙いが開幕」という話を聞き、釣友を誘い、9月28日(土)、東京湾金沢八景(漁港内)の鴨下丸 に出かけた。当日は、アタリが途切れず、35cm頭に、トップは48尾と終始活発だった。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

鴨下丸でイシモチ釣り

東京湾金沢八景(漁港内)の鴨下丸にてイシモチ釣りへ、集まったのは私たちを含め7人。右舷3人、左舷4人で乗り込み、釣友は左舷ミヨシ、私は同舷の胴の間に座る。

出船前、桟橋で鴨下芳徳船長からビギナー向けのレクチャーがあり、実際にタックルを手にして行われる指導に思わず引き込まれる。

シーズン開幕の東京湾イシモチ船で34cm頭に48尾と好調【鴨下丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

当日の釣り方

7時半、手を振る女将に見送られて出船。天候は晴れ。南寄りの微風でナギ。

航程30分で水深20mの釣り場に到着。船支給の青イソメをつまんで頭の硬い部分からハリを刺し、先を出す。タラシは12~13cmが適当。細いイソメの場合は2、3本を頭からチョン掛け。

エサが短くなったらその上から新しいイソメを追加する。

船は反応をとらえると制動がかかり「いいですよ。水深22m」の合図。

片方の手でオモリを持ち、竿の弾力を生かして軽くキャスト。オモリが着底したらイトフケを取り、オモリが底に付くか付かない程度の位置を保ってアタリを待つ。付けエサが底スレスレを漂う位置がベスト。

オモリで底を打ち続けるのは、魚をおびえさせるため厳禁。

船中1尾目は25cmイシモチ

時折、竿先をゆっくりとあおって、ゆっくり海面に戻す誘いは有効。早くも釣友が竿を抱え巻き上げている。抜き上げた船中1尾目は25cmのレギュラーサイズ。

シーズン開幕の東京湾イシモチ船で34cm頭に48尾と好調【鴨下丸】船中1尾目(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

「久しぶりだが、メリハリの効いた引きは心地いいね」と満足げ。

左隣に座る藤田眞一さん(横浜市)の6対4調子の竿がきれいな放物線を描く。
こちらも同級を抜き上げる。

「沖釣りはマグロ、ヒラマサ、シマアジなどの青物からキンメ、クロムツなどの深場まで、存分に楽しんでいるよ。合間にシロギスやイシモチなど湾内の小物と遊んでいるが、これも楽しいね」とコメント。

びっくりアワセは厳禁

ゆっくり誘いをかけていると、いきなりガツンと穂先を派手に震わせるアタリ。
反射的にアワせてしまったが、空振り。

操舵室の窓から「アワせてはダメだよ。反応を消さないように聞き上げてハリ掛かりさせる。セオリーを忘れちゃダメだね」と船長からハッパをかけられた。

エサを点検し「今度こそ」と振り込むとすぐに穂先がたたかれる。ソーッと聞き上げるとハリ掛かり。巻き上げ中は青物のような横走りを見せ、存分に楽しませてくれた。

慎重に引き寄せて抜き上げ、アゴの下からハサミを入れ、海水に浸し血抜き作業。潮の流れが停滞してくると、船長は船をゆっくりと流す。これが適度な誘いになり、またすぐにアタリが復活。しかも、幅広のアジが交じる。

大型も登場

右舷では、親子三代が和気あいあい竿を振る。ミヨシの祖父・荒井さんに大型本命。

シーズン開幕の東京湾イシモチ船で34cm頭に48尾と好調【鴨下丸】大型をキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

胴の間の孫娘・璃里香さん(中学1年生)も良型を取り込み「引きが強いので楽しい」と大はしゃぎ。一方、父親は「こちらにも来い」と一心不乱に誘いをかけている。

次々に新しいポイントを探るので、アタリは途切れず、誰もが小気味よい引きを楽しみ、13時に沖上がり。

当日の最終釣果

釣果は23~34cm35~48尾。ゲストはアジとシロギス。竿頭は藤田さん。私は40尾超えで、幕開けを飾った。

シーズン開幕の東京湾イシモチ船で34cm頭に48尾と好調【鴨下丸】当日の竿頭の藤田さん(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

帰宅後、大型は三枚おろしで昆布締めにした。残りはミキサーにかけて大さじ1杯の片栗粉を混ぜて団子にして、団子汁で食べたが、いいダシがでて美味。

中型は開きにして30分ほど薄目の塩水に浸してから天日干し。これまた極上の味。皆さんも、さまざまな調理法で楽しんでみては?

<週刊つりニュース関東版 APC・大村隆 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
鴨下丸
出船場所:金沢漁港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年10月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。