SLJ&タイラバ釣行で船中マダイにブリなど多彩な釣果【trip】

SLJ&タイラバ釣行で船中マダイにブリなど多彩な釣果【trip】

8月31日、大潮。戸畑港から出船しているtrip(トリップ)にてタイラバとSLJ釣行へ。筆者には40cmレンコダイ、他にも良型マダイや、ブリなど多彩な釣果を満喫した。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

まずはSLJでアオナをキャッチ

午前5時出港。約1時間で白島沖の水深約70mの目的地に到着。朝は魚の反応が悪く、船長によると11時ごろから潮が変わるからそれまでは様子見だそうです。

反応が悪い中でも船長が少しでも釣果を伸ばしてあげたいと、SLJで魚のいる層を重点的に攻めていくと「きたよ」とうれしい声が聞こえてきます。

SLJ&タイラバ釣行で船中マダイにブリなど多彩な釣果【trip】タックル図・SLJ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

すると私も着底から5シャクリめにガツンとアタリがきます。「底物かな」と引きを見て隣の方が予想してくれていたらやっぱりアオナ。おいしい魚に思わずニッコリ。

SLJ&タイラバ釣行で船中マダイにブリなど多彩な釣果【trip】アオナをゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

タイラバに変更でレンコダイ

この日はSLJよりタイラバでのアタリが良かったので、ここからはタイラバにチェンジ。タイラバは通常ハリが2本ですがシビアな状況なので、バラさないためにアシストのハリを1本追加して狙っていきます。

SLJ&タイラバ釣行で船中マダイにブリなど多彩な釣果【trip】タックル図・タイラバ(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

すると「きた!」早速しっかり食ってきます。船長がタモを用意してくれます。上がってきたのは40cmほどのレンコ。「炙りにして食べたらおいしいよ」と同船者が教えてくれました。

船中ブリにマダイも

「大きいのがきた」と船首でサオを大きく曲げていたので、いったんサオを置いて皆で応援します。聞けば船釣り初心者でこんな引きを味わったことがないと大興奮。巻いては出されの攻防をすること約10分やっと上がってきたのはブリ。船上皆で喜びました。

SLJ&タイラバ釣行で船中マダイにブリなど多彩な釣果【trip】ブリを手にしてニコリ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

これから涼しくなり、快適に釣りが楽しめるシーズン。皆さんもぜひSLJ&タイラバに出掛けてみてはいかがですか。

SLJ&タイラバ釣行で船中マダイにブリなど多彩な釣果【trip】マダイを上げた同船者も(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
trip
出船場所:戸畑港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。