ショアライトプラッキング&ジギング満喫 メッキやオオモンハタなど!

ショアライトプラッキング&ジギング満喫 メッキやオオモンハタなど!

9月12日、この日はメッキを中心にショアライトプラッキング&ジギングを楽しみに、三重県の尾鷲~古和浦エリアにお客さんの加藤さんと釣行してきた。当日は、メッキをはじめオオモンハタなど多魚種を堪能できた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

尾鷲港で青物狙い 

午前7時、まずは青物の回遊を期待して、尾鷲港から実釣をスタートした。潮目付近に小型メタルジグをキャストし、表層から低層を探っていく。

ショアライトプラッキング&ジギング満喫 メッキやオオモンハタなど!タックル図(作成:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

フエダイが連発

間髪入れずに加藤さんにサバフグ。ベイトの回遊も見られなかったため、青物を諦めて堤防際に狙いを変えると、加藤さんに強烈なアタリ。

上がってきたのはニセクロホシフエダイの25cmだ。ライトゲーム初挑戦の加藤さん、「サイズより全然引く!」とのこと。

ショアライトプラッキング&ジギング満喫 メッキやオオモンハタなど!ニセクロホシフエダイ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

その後は2人とも小型メタルジグで爆釣劇。7~8匹同サイズのフエダイをヒットさせたところで、今回のメインターゲットであるメッキが大群で回ってくるのを目視できた。

ポッパーでメッキ!

すかさずポッパーにルアーを変更すると…、ナブラのように水面さく裂。この時期にしては良型のメッキ(ギンガメアジ)だ。加藤さんもすぐさまジグでヒット。ミノーやダートベイト、ジグとスレる前にルアーローテして、2人で20匹ほど釣ったところで隣接する河口部へ移動した。

ショアライトプラッキング&ジギング満喫 メッキやオオモンハタなど!シマが浮き出るギンガメアジ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

多彩な魚種と戯れる

大量に群れてはいなかったものの、数匹のメッキをキャッチ。古和浦周辺まで河口や堤防をランガンすると、プラグやジグでコトヒキ、小ダイ、オオモンハタなど多種多様な魚が楽しませてくれた。

夕マヅメのプライムタイムも小河川の河口部でメッキ祭り。ロウニンアジやカスミアジも飛び出して、ライトゲームを2人で堪能できた。

ショアライトプラッキング&ジギング満喫 メッキやオオモンハタなど!オオモンハタもまだまだ元気(提供:週刊つりニュース中部版 APC・大宮好騎)

今年は接岸数が多く、当たり年といわれているメッキ。プラグやジグを果敢に追う素晴らしいゲームフィッシュなので、この秋はぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース中部版APC・大宮好騎 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
尾鷲港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年10月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。