コマセマダイ船で2kg頭に船中複数尾 ゲストにワラサも!【瀬戸丸】

コマセマダイ船で2kg頭に船中複数尾 ゲストにワラサも!【瀬戸丸】

東京湾剣崎松輪では、現在、キハダ・カツオかマダイ・ワラサでの出船がメイン。キハダは連日のように30kg前後が上がり、大物ファンを熱くしている。また「剣崎といえばマダイ」と言われるように、この魚は一年中ファンが絶えない一番人気。秋口に入り、数釣りシーズンに向かってそろそろ本格化するワラサが交じる。さらにイナダや大アジといったゲストがにぎやかで、楽しい釣りが満喫できる。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

瀬戸丸でコマセマダイ釣り

9月15日(日)、同港の瀬戸丸から出船。今後に向けて確かな手応えを感じる釣行となった。

前日はマダイが頭2尾ながら、イナダや大アジの入れ食いタイムがあった。前々日には1.8kg頭にマダイのトップ5尾が2人。ワラサは0~2尾。その前もマダイは頭4尾前後にワラサが交じり、イナダはいい日トップ6尾ほどと、連日好釣果が上がっており期待十分。

港前で待機後、6時に第10瀬戸丸は鈴木弘大船長の操船でポイントへとフルスロットル。千葉県に甚大な被害をもたらした台風15号の影響で、同船には少し被害があったらしいが、修理は終わり前日から復帰したという。

ワラサも同時に狙える

5分もかからず、アッという間にポイント到着。船長から「マダイ狙いはハリス4号10mで底からハリス分プラス1~2m。ワラサはハリス6号6mでプラス3~4mです」の指示がある。同じ場所で狙えるので、一発大物がいいか、確実にマダイを狙うか、どちらを取るかは好み次第。

8月半ば、ワラサが上がり始めた時には6号ハリスで9kg超えと7kg超えの大ダイが上がっており、どちらにしてもドラグの調整などを万全にして臨みたい。

コマセマダイ船で2kg頭に船中複数尾 ゲストにワラサも!【瀬戸丸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

早めの手返しで攻めるのが鉄則

期待を込めて第一投。朝方は早め早めの手返しで攻めるのが鉄則。しかし、前日に比べて潮が澄んだらしく、船中ではサバのアタリだけ。

7時半に10分ほど走り下浦沖へ移動。再開すると8時すぎに右舷ミヨシの佐野さんに船中第1号がヒット。マダイが大好きで、ほぼ周年「マダイ強化月間」として攻め続けている常連だけに、難なくゲット。

コマセマダイ船で2kg頭に船中複数尾 ゲストにワラサも!【瀬戸丸】常連の佐野さんは難なくゲット(提供:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

すぐに右舷ミヨシ2番の鹿野さんが続く。先週はキハダに来たらしく「同宿で受け付ける魚種は大体狙う」と言うだけあって、スムーズなやり取りを見せる。

同行の竹谷さんは鹿野さんの同級生で、同氏を「師匠」と仰ぎながら釣行を重ねているといい、当日の本命は不発だったがイナダはしっかりゲット。次回の釣行に持ち越しのようだ。

右舷トモの黄木さんは、イナダに始まりカサゴ、サバ、シイラを仕留める。11時すぎに朝のポイントへ戻った時には本命をゲット。2kg級のまずまずサイズで五目達成だ。

コマセマダイ船で2kg頭に船中複数尾 ゲストにワラサも!【瀬戸丸】五目を達成した黄木さん(提供:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

イナダや大アジ、大サバで土産は十分

このあたりから大アジが顔を見せ始め、イナダがぽつぽつ。船長から「きのうはアジが出始めたら、マダイやイナダが活発になったから頑張って」のアナウンス。ここぞとばかりに全員コマセを振る手に力が入る。

しかし、前日のようにはいかず、ラッシュがないまま沖上がり。

本命は0~1尾だったが、船中ではワラサが顔を見せ、イナダや大アジ、大サバで各自、土産は十分だった。

コマセマダイ船で2kg頭に船中複数尾 ゲストにワラサも!【瀬戸丸】竹谷さんはイナダをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 リポーター・坂本康年)

今後の展望

今後、10月になれば例年通りにワラサが本格化すると思われるので、マグロ・カツオともども剣崎は熱いシーズンが当分続きそうだ。

<週刊つりニュース関東版リポーター・坂本康年 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
第10瀬戸丸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年10月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。