1時間のシーバスゲームで70cm頭に本命3キャッチ【福岡・博多湾】

1時間のシーバスゲームで70cm頭に本命3キャッチ【福岡・博多湾】

9月上旬、残業で少し遅くなり、満潮時刻と重なり釣りをするのにちょうど良い潮位なので、帰宅前に久々に博多湾の沿岸部のシーバスゲームへ。当日は、数打で早々に70cm級良型シーバスが連続ヒットし満喫できた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

当日の状況

当日の潮は中潮で満潮時刻は午後8時30分。釣り開始は午後9時ごろなので潮が動いているか、止まっているか微妙な時間帯であるが、1時間楽しむつもりでタックルを車から取り出しポイントまで歩く。

1人のアングラーがおりシーバスを狙っているが、私の目指すポイントには先行者はいない様子。通い詰めた馬の背のポイントは、根掛かりのリスクが高いポイントだが、少し水深のある満潮時刻であり、少しだけの釣りで結果が出やすい有力なポイントだ。

瀬ギワをシンキングペンシルで

馬の背のポイントは、過去に何度もルアーをロストしてしまった難関のポイントだが、潮が瀬にぶつかり流れができやすく、多くのシーバスが瀬ギワについており、タイトに狙わなければバイトが得られない。

まずは8cmのシンキングペンシルでシーバスからの反応を確かめる。いれば確実に何らかの反応があるサイズのルアーで馬の背に平行に引いてみるが、反応がない。おかしいな? 

10㎝ミノーに変更

シーバスがいないはずはないが、確実にすれさせずモノにしたいので実績あるルアーを選択。今度は10cmのミノー、カラーはレッドヘッドホロ。

1時間のシーバスゲームで70cm頭に本命3キャッチ【福岡・博多湾】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

早々に70cm級シーバス!

その第1投目だった、数回巻いたリールが「グンッ」と重量感が伝わりライトなロッドが絞り込まれる。ここのアベレージは45~50cm台だが、この重量感は70cmに近いはず。エラ洗いも全身が出ずに頭だけが海面をだしルアーを外そうと、激しく首を振る。

バラさないようにしっかりとテンションをかけ、手前に誘導。岸ギワに来ると沖へと体を向け走りだす。ライトゲーム用のロッドなので、非常にスリリングだ。十分にいなし、砂浜に誘導しずりあげる。メジャーを忘れてしまったが、70cm級の良型、しかも数投キャストしただけの釣りなので、とてもうれしい。

1時間のシーバスゲームで70cm頭に本命3キャッチ【福岡・博多湾】重量感のあるファイトを楽しんだ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

そして、引き続き狙うと今度もアベレージサイズを上回る重量感、ヘッドライトで魚体を確認するとこれは60cmサイズ。しかし、瀬ギワで走られ、バラしてしまう。

ミノーで50㎝級を連釣

ポイントが荒れないよう、今度はジグヘッド7gを装着しワームにする。これは数尾釣れると思ったが、甘くはなくショートバイトに終わる。

長く攻めるつもりはないので、今度はシンキングペンシル。こちらも無反応。そして、釣れているミノーに替えると一発でヒット! これは完全に今回の主役ルアーである。

50cmクラスと小型になったが、それから2尾追加し、1時間ちょっとのゲームだったが多くのシーバスと出会えた。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
博多湾
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年10月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。