『ひとつテンヤ』釣りで2kg級マダイにマゴチも【福岡県・神生丸】

『ひとつテンヤ』釣りで2kg級マダイにマゴチも【福岡県・神生丸】

8月末、下北九州市門司港から案内中の神生丸にお世話になりました。船中で2kgクラスのマダイがあがり、その後鬼アワセ嬉しいゲストマゴチを釣り上げた。

●福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

神生丸でひとつテンヤ釣行

午前6時に出船、ひとつテンヤが初めての友人を連れての釣行です。胸が高まるもあいにくの雨、とはいっても風がないので好機です。

出船してすぐに船が止まりました。船尾を見ると、船長が帆を立てています。わずか15分で釣り場に着いたようです。港からこの近さで釣りができるのも関門テンヤの魅力です。

仕掛けはタイカブラ6号、カラーはピンク/夜光です。

『ひとつテンヤ』釣りで2kg級マダイにマゴチも【福岡県・神生丸】タックル例(作図:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

船中2kg級マダイ登場!

船長の合図で一斉に仕掛けを落とし、底をトントンと叩いているとすぐにアタリがきました、小ダイです。その後もアラカブ・小ダイなどがたくさん釣れます。塩焼きにはもってこいです。

潮が速くなるとラインが斜めになるため、仕掛けを8号に変更すると、底も取りやすくなりました。釣れすぎてエビがなくなる!その焦りでボロボロのエビをこっそりイケスに貯蓄していたのはここだけの話。

移動を繰り返していると、中盤になり船中に異変が起きました。力強いドラグ音!振り返ると常連客が2人同時に魚と格闘、硬めのサオがしなりマダイ特有の叩く引きです。これを一度体験すると癖になってしまいます。上がってきたのは2kgほどのマダイ。

流れが変わると船尾からもドラグ音!常連客が大きいマダイを上げている中、私が釣っていたのは5cmのフグ。エビの貯蓄がまた増えます。この猛攻をかわした人だけが勝者となれるようです。

『ひとつテンヤ』釣りで2kg級マダイにマゴチも【福岡県・神生丸】良型マダイがヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

大物ヒットも・・

仕掛けが着底し、ゆっくり動かしていると、ゴツン!力強いアタリ!しかし、そのまま軽くなりバラしたと思い放心状態になっていた直後にジーッ!急にサオ先が重くなり魚が走りだしました。デカイ!が、勢いよくバラシ。

「今のデカかったやろ~」と船長、常連客も一緒に残念がりました。バラしてもみんなで一緒に盛り上がれるのが船釣りの良いところです。気軽にできる釣りですが、急に大物がアタるので気が抜けません。失敗してしまいましたが、力強くアワせる「鬼アワセ」の出番でした。

45㎝マゴチをキャッチ!

その後、エビがなくなり貯蓄のエビを使うも釣れるのはフグ。見かねた常連客が元気なエビを分けてくれて、再度仕掛けを落とすとアタリ、マゴチです。マダイの時合いは逃しましたが、45cmほどのマゴチのお土産ができました。

終わってから船長に話を聞くと、「仕掛けを動かさない方がマダイの食いが良かった。」とのこと。常連客との腕に差が出る一日だったようです。

釣座についても丁寧な説明や、常に水深・特徴を教えてくれるので、安心して釣りをすることができました。

これから数釣りも楽しめる時期になるため、ぜひ関門テンヤに挑戦してもらいたいです。次は「鬼アワセ」だ~!

『ひとつテンヤ』釣りで2kg級マダイにマゴチも【福岡県・神生丸】ナイスサイズのマゴチをゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

<週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
神生丸
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年9月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。