大分沖テンヤタチウオ釣行で指6本半級を頭に大型連発【Soyamaru】

大分沖テンヤタチウオ釣行で指6本半級を頭に大型連発【Soyamaru】

大分沖でドラゴン級のタチウオが釣れているとの情報を耳にしたので、早速、杵築市の納屋港から出船しているSoyamaru(ソウヤマル)にて、乗り合いでテンヤのタチウオ釣りに行ってきました。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

Soyamaru(ソウヤマル)でテンヤタチウオ

午前4時30分にSoyamaru(ソウヤマル)へ集合し、釣座をくじ引きで決め、船長が用意してくれた氷をクーラーに入れてから乗船します。同船にはポーターさんがいて、荷物を運ぶのを手伝ってくれたり、誘導してくれてスムーズに乗船できるのがうれしいですね。

2時間ほどで釣り場に到着。すぐに準備をして、今回はポーターさんオススメのタチ魚リアルヘッド50号に、船で用意してくれたエサのイワシを巻いて、船長の合図で一斉に仕掛けを落としていきます。

大分沖テンヤタチウオ釣行で指6本半級を頭に大型連発【Soyamaru】タックル図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

船長が「オマツリ防止のため、サミングしてイトを張りながら落とすように」と教えてくれます。水深があり、三枚潮で仕掛けがふらふらとしていますが、何とか船長の指示ダナまで落とすことができました。

指5本級ドラゴン登場!

しっかり誘いを入れていきますが、なかなか掛けることができないでいると、ポーターさんが誘い方をレクチャーしてくれました。

早速、レクチャー通りに誘いを入れていくと、ガツガツッと大きなアタリがありフッキング。電動リールを全開で上げていくと、タチウオの引きにリールが時々止まりながらも、やっと上がってきたのは軽く指幅5本サイズはあるドラゴン級!隣の釣座の人が「やったね、ドラゴンだ」と一緒に喜んでくれました。

大分沖テンヤタチウオ釣行で指6本半級を頭に大型連発【Soyamaru】同船者もドラゴン撃破!(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

そこからは船中で誰かに釣れている状況で大忙し。左隣の人が「なんか変なアタリだな」と言って、上がってきたのは大きいスルメイカ。おいしい外道に、またまた船上がにぎやかになります。

船中最大指6本半級も登場!

「こっちもきたよ」と右隣の人が上げてきます。「またドラゴンですね」と思わずニッコリ。単独で釣行した乗り合い船でしたが、皆さんとても優しく、楽しくて時間がすぎるのを忘れてしまうほどでした。

大分沖テンヤタチウオ釣行で指6本半級を頭に大型連発【Soyamaru】中には指幅6本半近いモンスターも(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

たまに船を移動しながら、午後1時30分の納竿までに小さいものでも指幅4本級、大きいものは指幅6本半ほどと良いサイズばかりで、とても楽しくあっという間の釣行でした。

大分のタチウオ・テンヤ釣り、いよいよ開幕ですね。皆さんもドラゴン級を狙って、ぜひ足を運んでみてくださいね。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:Soyamaru
大分沖テンヤタチウオ釣行で指6本半級を頭に大型連発【Soyamaru】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年9月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。