シーズン開始直後のアマダイ船で40cm頭にアマダイ連発【まなぶ丸】

シーズン開始直後のアマダイ船で40cm頭にアマダイ連発【まなぶ丸】

9月5日(木)、江の島のすぐ横にある相模湾片瀬のまなぶ丸へ。同宿で開始したばかりの大好きなアマダイを狙って釣行してきました。当日は、2枚潮にもかかわらず、40cmの良型アマダイ筆頭に好調でした。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まなぶ丸でアマダイ釣り

6時集合、氷と付けエサのオキアミが配られると同30分に出船。同行したリサちゃんは、この釣りが初めてということなので、電動リールの使い方、基本的な誘い方を教えてあげました。

この日の仕掛けは「LTアマダイカラー2本」私は、オーナーばりのバラバリを使った自作仕掛けで挑戦します。

ポイントに向かうまでの間、オキアミの尾羽根をチョキチョキ切って手返しを速くする作戦。アマダイ釣りはエサが大事。形のいいしっかりしたものを選んで尾羽根からハリを通し、オキアミがハリ軸にまっすぐなるよう装餌。

シーズン開始直後のアマダイ船で40cm頭にアマダイ連発【まなぶ丸】まなぶ丸の船長さんとパシャリ(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

初体験リサちゃんが連発!

やがてエンジンスローとなって釣り場に到着。水深は100mちょっと。仕掛けを底まで下ろしたら、イトフケを取って、海底をオモリで4、5回ほどトントンと小突き、そこからゆーっくり50cm~1m巻き上げてタナ取り。竿先をスローに上下させて誘います。

すると、ミヨシにいたリサちゃんが、「何か掛かった気がする~」と、仕掛けを回収。電動で巻き上げてくると、海中に赤い魚がみえてきました。なんと1投目に25cmの本命ゲット。続けて2投目も連続でヒット。なかなかセンスあるなぁ~。「すごい!」

シーズン開始直後のアマダイ船で40cm頭にアマダイ連発【まなぶ丸】初挑戦で早速本命をゲット(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

ゲスト交じりでアマダイ追釣り

感心していると、私にもアタリ到来。”クッ”とアワせて、バラさないように低速であげてきます。”コンコンコン”っと強めの引き。見えてきたのは30cmほどの本命。ピンクオレンジ色のキレイなボディーに、とぼけたかわいい顔のアマダイは「萌え」ですね~。

このあとも、コンスタントにアタリ続けて、リサちゃんはポンポンポンっと追加。あっという間に4尾ゲット。私もポツポツ釣れて5尾キャッチしました。その間、ゲストも多数登場。かわいいメバルの赤ちゃんにアラ、トラギス、オニカサゴ、ホウボウ、カサゴ、ヒメコダイ。さらに、エサだけ取られたり…と、たくさんのアタリに楽しい前半戦。

シーズン開始直後のアマダイ船で40cm頭にアマダイ連発【まなぶ丸】楽しいアマダイ釣りにいい笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

40cm良型が登場!

ポイント移動して後半、アマダイを追加してゲストも釣れたけど、まさかの二枚潮でオマツリ多発に大苦戦。何度か流し変えて少し浅場へ移動。

水深は70~80m。アタリが遠く、エサだけ取られてしまいます。そんななか、またまたリサちゃんが「なにか掛かってる気がする。」とアピール。

見ると、竿先が強めに”コンコンコン”。「んっ、これは本命っぽい引き。」上げてくるとなんだか大きい魚影がゆら~。なんと40cmの良型。反対舷ではシロアマダイが上がっていました。

シーズン開始直後のアマダイ船で40cm頭にアマダイ連発【まなぶ丸】40㎝の良型を見事キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

今後の展望

13時30分に沖上がり。まだ、シーズンは始まったばかりでしたが、アタリは多く、サイズも申し分なし。このあと、さらに期待できそうです。今回利用させてもらったまなぶ丸さんは、親子で船を出していてとても親切。再釣行を約束して帰路に就きました。

シーズン開始直後のアマダイ船で40cm頭にアマダイ連発【まなぶ丸】色鮮やかな良型本命は美味しそう(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

<週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:まなぶ丸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年月日号に掲載された記事を再編集したものになります。