ライトロックゲームでアラカブ6匹 即アワセでスリリングなファイト満喫

ライトロックゲームでアラカブ6匹 即アワセでスリリングなファイト満喫

8月19日、仕事が早く終わったので、小一時間だけ近場のライトロックフィッシュゲームに出かけた。当日は、根のキワや海溝を狙い、良型アラカブを計6匹ヒットさせ、満足のいくものになった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修 )

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

洞山の地磯でライトロッゲーム

場所は、自宅からほど近い福岡県遠賀郡芦屋町の柏原漁港に隣接する洞山の地磯で、満潮から4分くらい下がった午後4時すぎに到着。

この一帯の地磯は、満潮から5分程度潮が下がると、長靴を履いていれば狙えるポイントが増えるので、ライトロックフィッシュ狙いにはお勧めだ。

ライトロックゲームでアラカブ6匹 即アワセでスリリングなファイト満喫洞山の地磯の図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修 )

当日のタックル&ワーム

タックルはライトタックル仕様で、シンカーはタングステンの3.5g、プラスチックビーズを通し、フックはワームに合わせて4を選択。

ワームは、フォール重視でチニング用のカニに模したシルバーウルフフェネッククロー(オレンジゴールドフレーク)からスタート。ターゲットのアラカブの反応を見て、ストレート系にチェンジしていく予定だ。

ライトロックゲームでアラカブ6匹 即アワセでスリリングなファイト満喫タックル例(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修 )

早々にアラカブがヒット!

足元近くにある根のキワや海溝を狙うと、開始早々に「コン…コン」とサオ先を叩くアタリが。1度目のリフト&テンションフォールで、根のキワで食ってきた。

根のキワをタイトに狙っているので、アタリと同時に後ろにのけ反るように強く掛けアワセを入れ、ロッドをあおるように大きく曲げてやり取りを開始。リールのハンドルも高速で回して根から魚を離す。

すると、手の平未満のアラカブだったが、ライト仕様なのでアタリからファイト、ぶり上げまで気を抜けないスリリングさがあって超楽しい。

すぐに写真を撮って優しくリリース。

即アワセがキホン!

その後も、少しあるウネリが落ち着いたときに根と根の隙間にキャスト。フリーでシンカーを3秒落とし、すぐにリフト&フォールさせると「してやったり!」のアタリ!

ただ、アワセがほんの少し遅れたせいか?魚のテリトリーをタイトに狙っているせいで、すぐに根に張り付き動かなくなった。

「根から出てくるのを待つか?」「強引にラインを手に持って引っ張るか?」アラカブは一度根に張り付くと、なかなか出てこず、ラインを緩めて待っていると、もっと瀬と瀬のワレや奥に入っていくことが多いので、すぐに後者を選択。

すると、すぐに根から離れた。速攻で強引に根から離すようにやり取りを開始。これまた同サイズのアラカブだったが、このスリルがたまらん!すぐにリリースして次を狙う。

ライトロックゲームでアラカブ6匹 即アワセでスリリングなファイト満喫スリリングなファイトを堪能!(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修 )

ワーム変更でサイズアップ!

その後、もう1尾釣り上げたがサイズが上がらないので作戦を変更。シンカーを7gに上げ、ワームもストレートタイプに変更。フックも1にアップして、40mくらい沖にある根周りを狙う。

キャスト後、フリーで落としていると「ツン」とわずかにPEラインを通してアタリを感じた。「落ちパク?」半信半疑でアワセを入れると、ロッドが大きく曲がるほどの手応え。

強引に寄せてこないと途中に根があるので、できるだけ沖で魚を浮かせるようにロッドを折れんばかりに曲げてリールはゴリ巻き。すると「ガバッ」と沖で口を大きく開けたアラカブが浮き、ぶり上げると先ほどより少し重量感も増した手の平クラスだ。

次のページで最終釣果発表!