アジ&スルメイカリレー船取材レポート 多点掛け連発【千葉・大栄丸】

アジ&スルメイカリレー船取材レポート 多点掛け連発【千葉・大栄丸】

8月19日(月)、南房小湊の大栄丸からアジ~スルメイカのリレー釣りを楽しんだ。アジは一荷やトリプルが連発し30尾に30cmのスルメイカもトリプルが連発し、満足がいく釣行となった。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

まずはフラッシャーサビキでアジ狙い

集合時間の3時に、予約していた6人がじゃんけんで釣り座を決め、私は右舷胴の間に座る。

まずはアジ狙いなので、ヤリイカ竿に専用のフラッシャーサビキ仕掛けをセットして、3時半、大和田彰船長の舵で真沖の釣り場を目指す。

乳白色のもやに包まれているが月が顔をだしており雨の心配はなさそう。無風でベタナギの海上を進み15分ほどでポイント到着。

アジ&スルメイカリレー船取材レポート 多点掛け連発【千葉・大栄丸】タックル図(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

船が反応をとらえると制動がかかり「いいですよ。水深90m、底近くに反応があります」のアナウンスで開始。

まだ暗いが船灯がついているので手元は明るい。オモリを投入し、着底したらイトフケを取り、1m底を切ると、待っていたかのように竿先をたたくアタリ。すぐに電動リールの中速で巻き上げると、仕掛け中間に35cmがハリ掛かり。

船中あちこちで照明に照らされた銀鱗が舞い上がるが、単発が多い。

船中で多点掛け連発!

それを見た船長から「アタったらすぐに巻き上げずに追い食いさせるように」とすかさずアドバイス。

その通りに追い食いを待つと竿先の振幅が増し、激しくなったところで巻き上げ。中オモリが見えたところで竿を立てて仕掛けを引き寄せると、海中に輝く魚影が連なり、5点掛けを取り込む。

左舷トモの山崎さんはトリプル連発。

アジ&スルメイカリレー船取材レポート 多点掛け連発【千葉・大栄丸】トリプルでゲット(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

胴の間に座る千崎は良型を一荷。誰もが順調に数を伸ばす。

アジ&スルメイカリレー船取材レポート 多点掛け連発【千葉・大栄丸】順調にキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・大村隆)

アタリが遠くなるとすぐに小移動し、新しい反応を探ってくれるので、瞬く間にクーラーには30尾以上の良型が納まった。

次のページからイカ釣りの模様をお届け!