シーズン終盤のトラウトゲームでアマゴ踊る【奈良県・芦廼瀬川】

シーズン終盤のトラウトゲームでアマゴ踊る【奈良県・芦廼瀬川】

奈良県十津川村の渓流(芦廼瀬川)に9月6日、良型のアマゴを求めて行くことにした。開始からしばらく反応がなく不安になる場面もあったが、後半挽回。15cmほどで狙った良型は出なかったが、シーズン終盤のトラウトゲームを満喫できた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

芦廼瀬川でトラウトゲーム

芦廼瀬川は今シーズンは比較的に良型のアマゴをよく手にすることができた十津川村の渓だが、欲を出してさらにいいサイズのアマゴを求めて芦廼瀬川の最下流部から入川して探ることにした。

シーズン終盤のトラウトゲームでアマゴ踊る【奈良県・芦廼瀬川】芦廼瀬川の釣り場(提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

芦廼瀬川下流部のポイントへ到着したのは午前6時30分、早速準備をする。今回のタックルはトラウト用ロッド6ftにナイロンの4lbを巻いた2000番ハイギアのスピニングリールの組み合わせ。ルアーはシンキングミノー5cm、川の色が少し笹濁りなので視認性のいいピンクヤマメを選んだ。

初めて入るポイントなので期待と不安でいっぱいだ。早速広範囲にルアーをキャストして様子を見ながら釣り上がることにした。大きな淵に広いトロ場と、いかにも雰囲気のいいポイントがあるので丁寧に探るも、反応がない。川の水があまり冷たく感じられないのが少し気になるが、さらに釣り上がり様子を見ることにした。

小移動した上流で1匹目

開始して2時間ほどルアーローテーションしながら探るが全く反応がないので、一度車へ戻って作戦を立て直すことにした。少し休憩をしながらいろいろと考えたが、大きく移動するのはやめてこの芦廼瀬川の少し上流で様子を見ることにした。

次は以前良型を上げた記憶がある、大野川との出合いから少し下流のポイントから入川。しかし、まずは小さくてもアマゴの姿が見たいと弱気になってしまっている。ルアーのサイズも4cmにおとし、カラーはアカキンで丁寧に探りながら釣り上がっていく。

そうしていると、緩くカーブになって流れが岩盤に当たる少し水深のあるポイントで、この日初めてのアタリが出てヒット。強い引きではないが慎重にランディングしたのは15cmほどだが、とてもきれいなアマゴだ。釣りを始めて随分時間が過ぎ、諦めモードに入りかけていた中でのうれしい1匹だ。

シーズン終盤のトラウトゲームでアマゴ踊る【奈良県・芦廼瀬川】この日のルアーとアマゴ(提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

後半はぽつぽつ追加でき計4匹

妙な安心感で少し休憩をする。時計を見ると10時過ぎだがもう少し楽しませてもらおうと、さらに釣り上がることにした。9月とはいえまだまだ暑く、水の中を歩いているととても気持ちがいい。

この辺りからは時折アマゴらしき魚影を見るようになるが、なかなかヒットに持ちに込めない。

ルアーのサイズやカラーを最初のピンクにして探っている時、日陰になったトロ場で反応がありヒット!慎重に手にしたのは先ほどと同サイズのアマゴだ。さらにこの次に出てきた淵でも同サイズのアマゴを追加するなど、調子がよくなってきた。

さらに釣り上がり、昼ごろまでに1匹追加したところで足腰も疲れたので川から上がり帰ることにした。釣果は15cmまでのアマゴが4匹。良型には出会えなかったが、初めて入るポイントも歩けて楽しめた。

十津川村のアマゴも9月末をもってしばらく禁漁になるが、チャンスがあれば禁漁までに秋を感じられる渓流に足を運びたい。

シーズン終盤のトラウトゲームでアマゴ踊る【奈良県・芦廼瀬川】私の釣り姿(提供:WEBライター・奈良鱒兵衛)

<奈良鱒兵衛/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
十津川村漁協