スロージギングで超高級魚7kg『アラ』登場 ゲストも良型多彩【石川】

スロージギングで超高級魚7kg『アラ』登場 ゲストも良型多彩【石川】

毎年夏になると、石川県能登半島の沖では、スロージギングでアラやマダラが狙える。8月上旬、石川県・富来町の西海漁港から出船している遊心丸に乗り、アラに挑んだ。

石川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 清須市・五井貴矢)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

アラ狙いスロージギングタックル

午前4時に集合、さっそうと荷物を積み込み出船。ポイントまでの長い船旅の間、当日同行した長尾さん、布川さん、前田さんらと釣り談議を楽しみながら過ごした。

2時間ほどしてポイントに到着。水深は150m台。

使用するジグは、鉛なら300g前後、タングステンなら250g前後で、ロング型とショート型を使い分ける。また、アラの口には歯があるため、アシストラインは硬質のものがお勧め。

フックは、首を振る魚なので、ホールド性が良いもの(カルティバ・ジガーライトシワリ等)を必ず使用しよう。

スロージギングで超高級魚7kg『アラ』登場 ゲストも良型多彩【石川】お勧めのタックル例(提供:週刊つりニュース中部版 清須市・五井貴矢)

さて、ひと流し目は小型の底物がポツポツの状況。すぐに見切りをつけ移動となった。

昨シーズン大量にいたマダラが、今季は少ないためアタリも少ない。だが、その分アラの鼻先にジグが届きやすく、本命を狙うには良い状況と言える。

ゲストの根魚は多彩でサイズも大

次に入ったのは水深170m台のポイント。魚探にはベイトがたくさん映っている。メンバー各自、期待を持って投入すると、さっそくドドッと、いろんな魚が食ってきた。

タヌキメバルにユメカサゴ、オキメバルなど、深場のおいしい魚が続々と誰かのロッドを曲げる。外道とは言え、場荒れしていないのでサイズがデカイ。

スロージギングで超高級魚7kg『アラ』登場 ゲストも良型多彩【石川】外道の根魚もでか~い(提供:週刊つりニュース中部版 清須市・五井貴矢)

確かに20cm級の小型も交じったが、タヌキメバルは35~50cm、オキメバルとユメカサゴは30~40cm級が当たり前に釣れ、私たちは「デカイ、デカイ」と騒いでいた。船長は「でかくねえよ、アラ釣れアラ」と尻を叩いてくる。

スロージギングで超高級魚7kg『アラ』登場 ゲストも良型多彩【石川】布川さんは巨大なユメカサゴを連打(提供:週刊つりニュース中部版 清須市・五井貴矢)

7kgアラをキャッチ!

その矢先、手伝いを兼ねて乗船していた船長の奥さんに、本当の意味で大きな魚が掛かった。「ジジー」と勢いよくドラグが鳴り、ロッドは目いっぱい弧を描く。誰が見てもカサゴの仲間でないことは一目瞭然だ。

相手は徐々に浮いてきたが、中層まで上がってもラインを引き出し、激しく首を振っている。慎重なやり取りの末、上がったのは見事なサイズの本命、7kgのアラだった。

その直後に、同行の長尾さんにもヒット。しかし、運の悪いことに長尾さんは、底物と遊ぶためインチクを使用していた。相手はかなりサイズが良いようで、インチクのフックでは頼りない。それが祟って、激しい抵抗でフックアウトしてしまった。

筆者にも4kgアラ!

しかしまだ前半戦、各自目の色を変え、アラを狙う。船長の奥さんが4分の1ピッチで誘っていたので、ジャーク幅や巻きスピードの参考にし、底から5m以内を丁寧に探っていった。

そして、次の流しでその瞬間はやって来た。底から少し誘い上げたところでグウーッとのしかかるような感触。最初は根の頭に掛かったかと思ったが、手元に生命反応が伝わる。アワセを入れると相手は走り出した。「おおーっ、アラだぞ」と船長の声。

先ほど船長の奥さんが釣り上げた魚ほど大きくはなさそうだが、巻き上げてくる途中も、たびたびグッグッとロッドを押さえ込み、下に突っ込もうとする。

昨年同時期にここを訪れ、アラと思しき大物が掛かったが、正体は大マダイという珍事があった。「またマダイじゃないよな」と周囲から声が出たが、下へ下へと突っ込もうとするので、どうも本命のようだ。

やがて海面に現れたのは正真正銘のアラ。サイズこそ4kgを少し切る程度だったが、ついに憧れの魚をキャッチすることができた。

スロージギングで超高級魚7kg『アラ』登場 ゲストも良型多彩【石川】念願のアラをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 清須市・五井貴矢)

レギュラーゲストも多彩に

その後、船中ではタヌキメバルやユメカサゴ、巨大なカガミダイなど、深場のレギュラーが上がったが、台風の接近もあり、3匹目のアラの顔を見ることなく、沖上がりを迎えた。

スロージギングで超高級魚7kg『アラ』登場 ゲストも良型多彩【石川】前田さんは巨大なカガミダイをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 清須市・五井貴矢)

ちなみに富来沖のアラは7月が盛期。今期も9kg近い大物を筆頭に、船中2ケタ&全員キャッチの日もあったという。外道の根魚もおいしくて型も良いので、来年も時期をあらためてチャレンジしたい。

<週刊つりニュース中部版 清須市・五井貴矢/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
遊心丸
出港場所:志賀町西海風戸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年9月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。