磯でのカゴ釣りで1kg頭にアカハタ連発 瀬ギワ狙いが的中!【天草】

磯でのカゴ釣りで1kg頭にアカハタ連発 瀬ギワ狙いが的中!【天草】

暦の上では秋だが、天草西海岸(熊本県天草市)の磯はまだまだ夏。釣果を上げるには朝の涼しいうちが勝負だ。8月18日にカゴ釣りしたときの様子をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

天草の磯でカゴ釣り

天草西海岸の磯は今年もアカハタが順調に釣れている。特に大江周辺の沖磯が良く、500g前後が1人5~6尾。時折1kg級も交じる。

午前5時ごろに大江漁港から出船し、コシキ瀬を目指した。

磯でのカゴ釣りで1kg頭にアカハタ連発 瀬ギワ狙いが的中!【天草】ポイント広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

瀬ギワで1kg級アカハタ!

いつもならブッ込みとカゴ釣りの両方を持参するが、朝マヅメの短時間が勝負と見て、今回はカゴ釣り1本。エサはキビナゴとオキアミボイルを合わせて4kgほど用意した。

ウキはケミホタル対応の遠投カゴサビキ、ハリはアカハタの大きい口にしっかり刺さるカット真鯛を選択。サオ1本ほどのタナで、10mほど先に仕掛けを投入した。

磯でのカゴ釣りで1kg頭にアカハタ連発 瀬ギワ狙いが的中!【天草】当日のタックル(提供:週刊つりニュース西部版 APC・松田正記)

すぐにアタリはでたが、ハリ掛かりしたのはロギ(イトフエフキ)。直後も連続してアタるがロギやアラカブばかり。

そこでタナを少し浅くし、瀬ギワを攻めてみた。するとウキが勢いよく海中へ消え、サオにガツンときた。リールをゴリ巻きし、浮かせたのは1kg級のアカハタだった。

400~500gアカハタ3連発!

同じ要領で400~500gが3尾連続。勢いに乗るかに思えたが、急に雨が降りだした。

それでも手返しを続け、同型のアカハタを1尾追加したところで、午前9時に納竿した。

現地の秋磯はこれからが本番。釣行の際は天候の急変にはくれぐれも気を付けてほしい。

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
英光丸
出港場所:天草市天草町大江
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年9月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。