遠投不要の1色半でシロギス連発 21cm頭に13尾【千葉・鴨川港】

遠投不要の1色半でシロギス連発 21cm頭に13尾【千葉・鴨川港】

8月17日(土)に千葉県の鴨川港へと投げシロギス釣りへと赴いた。当日は、台風の影響も考え風裏を攻め、良型を一荷など型を見ることができ満足がいく釣行となった。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 千葉・熊谷加寿恵)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

鴨川港で投げキス釣り

8月17日(土)、松部、興津、小湊、鴨川、千倉、乙浜の各港などを見て周り、最終的に鴨川港の灯台島がある外堤防を選んだ。

西日本を通過した大型台風の影響で関東でも大荒れが続いていた。房総なら大丈夫だろうと何度かチャレンジしたものの、強い南風とウネリで投げ釣りができる場所は限られ、夫と話し合った結果「堤防や港で狙えば型は見られるだろう」という結論に。

釣り場は予想外に濁りは少ない。高い堤防を越えて南風が吹き付け飛ばされそうになるのでためらわれたが、一段下に降りれば特に危険を感じることはなかった。

遠投不要の1色半でシロギス連発 21cm頭に13尾【千葉・鴨川港】鴨川港周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

1色半で18㎝シロギス!

釣り場を探して走ったため時刻はすでに14時すぎ。急いで支度をして、濁りを想定して用意していた青イソメを付けて3色付近に投入。

遠投不要の1色半でシロギス連発 21cm頭に13尾【千葉・鴨川港】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 週刊つりニュース関東版 千葉・熊谷加寿恵)

イトフケをださないように竿先を海面の近くに下げてじっくりと探ると1色半のあたりでブルンとアタリがあり、仕掛けを回収すると18cm本命。釣った私よりも横で見ていた夫の方がビックリしている。

遠投不要の1色半でシロギス連発 21cm頭に13尾【千葉・鴨川港】一荷でキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 週刊つりニュース関東版 千葉・熊谷加寿恵)

ここは、目の前が船道になっているので遠投は不要で、強風下でもなんとか釣りができる場所だと実感。

再び探っているとコッと微妙なアタリでマダイの幼魚や小型ハゼがヒット。ハリ掛かりが浅い場合はすべてリリース。ハリを飲み込んでしまっている場合は唐揚げ用にキープした。

最終釣果に満足

ここでは、投げすぎると反対側の堤防に届いてしまったり、隠れ根に引っかかったりするので、3色以内に投げて手前の1色付近まで探る釣り方で狙うと、キスが時折り交じる。

時間とともに風が弱くなってきたので堤防先端部からも狙うが、アタリはなく「やはり台風の影響が少ない港内付近に魚が逃げ込んだ」と考え、最初の釣り座が今日のベストポジションと思い再び投入。

2色半~1色半の船頭のカケアガリ付近で止めているときにアタリが多いので、重点的に狙うとぽつぽつと釣れるが、17時をすぎるとさすがに食い渋る。

18時に納竿。釣果を確認すると15~21cm5尾。夫は8尾だった。「型見られれば満足」と思っていただけに気分よく帰路についた。

遠投不要の1色半でシロギス連発 21cm頭に13尾【千葉・鴨川港】釣果を披露(提供:週刊つりニュース関東版 週刊つりニュース関東版 千葉・熊谷加寿恵)

<週刊つりニュース関東版 千葉・熊谷加寿恵/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
鴨川漁港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年9月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。