真夏の港湾部ルアー釣行でワカシのツ抜けにシーバスも【千葉・袖ヶ浦】

真夏の港湾部ルアー釣行でワカシのツ抜けにシーバスも【千葉・袖ヶ浦】

7月下旬~8月上旬の朝マヅメに、シーバスを狙って千葉袖ヶ浦周辺の港湾部に足を運んだ。ワーム、ミノーとルアーローテーションを駆使して、ワカシツ抜け達成。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 関根勇太)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

朝マヅメ陸っぱりシーバスゲーム

ベイトの入り具合などを見ながら「実績があるポイントを探り歩き、反応がなければ次へ」のランガンスタイルでテンポよく攻めるのがいい。この時期はベイトに付いたフィッシュイーターが、朝マヅメに口を使うため、いればイージーに魚をキャッチすることができるからだ。

うっすらと空が明るくなりだしたタイミングで、水面にざわつくベイトの姿を確認する。雰囲気はいい。まずは小型のバイブレーションで様子を見る。時折、シーバスらしいボイル。いつ掛かってもよさそうで、反応するが食わない。

ワーム早巻きでワカシヒット

ショートバイトが続いたので、ルアーをワームに変えて早巻きで誘うと待望のヒット。

パワフルに右へ、左へ「やけに走る魚だ」と思ったら、これはワカシだ。30cmほどだが、青物だけあってよく引いて楽しめた。

真夏の港湾部ルアー釣行でワカシのツ抜けにシーバスも【千葉・袖ヶ浦】ワカシがヒット(提供:週刊つりニュース関東版 関根勇太)

先ほどまでは「シーバスがボイルしていた」と思ったら、次はワカシがベイトを追いかけ回している。

バイブレーションやミノーにもヒット

ワームに反応が悪くなったところで、小型のバイブレーションやミノーにローテーションして数を伸ばす。気が付けば10数尾釣れて、暑さが厳しい時間帯になったので納竿した。

真夏の港湾部ルアー釣行でワカシのツ抜けにシーバスも【千葉・袖ヶ浦】成長してサイズが上がればさらに楽しめるだろう(提供:週刊つりニュース関東版 関根勇太)

別の日、同じポイントに行くと元気なワカシが顔を見せてくれた。もう少し大きくなるころに、さらに面白くなりそう。

別日にはシーバスも

8月前半の後日、暑さが厳しくなってきたタイミングで、潮通しがいいポイントへ。バイブレーション主体でシーバスの反応を探ると、気持ちよくヒット。

ガバババッと元気なエラ洗いを目の前でして、本命を確信する。サイズはアベレージだが、夏の魚らしいパワフルな引き。楽しみながらキャッチ成功。

小型がメインでバラシは多かったが、暑さが厳しくなる時間帯まで魚の反応と引きを楽しんだ。今後も朝マヅメを中心に楽しめそうなので、時間を見つけてまたチャレンジしたいと思う。

年々、夏の暑さは厳しくなってきているように感じるが、水分補給をこまめに取って、安全第一でルアーフィッシングにチャレンジしてほしい。

<週刊つりニュース関東版 関根勇太/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
袖ヶ浦
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年8月30日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。