白島沖SLJ&タイラバでマダイ・アマダイ・アコウ!【福岡県】

白島沖SLJ&タイラバでマダイ・アマダイ・アコウ!【福岡県】

7月末、北九州市戸畑港から人気沸騰中のSLJとタイラバで多彩な魚種に挑戦!40cmオーバーのマダイをはじめ、高級魚アコウやアマダイなど釣果に恵まれた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

白島沖でSLJ&タイラバへ

白島沖SLJ&タイラバでマダイ・アマダイ・アコウ!【福岡県】(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

7月末、北九州市戸畑港に午前3時30分集合、4時出発で白島沖までSLJ(スーパーライトジギング)&タイラバに行きました。

現場に到着してパラシュートを入れて流して行きます、今回はジグ(マキエ)60gから使っていきます。

船中ぽつぽつとアタリの声が聞こえてきます、私にもうれしいヒット!よく走るので何かと思っていたら尺を軽く超える大きいアジ。

そのまま引き抜こうとしたら口切れで痛恨のバラシ。

左舷側に居た人が「なーんかきたな、何だろう?」と上げてきたのはケンサキイカ、「ジグでもたまに釣れるよね」とみんなで笑顔になります。

40cm超えマダイヒット

私にもヒットがきました、元気によくコンコンと叩くアタリに「マダイかな?」と予想していたら、この時期いいサイズの40cmオーバーのマダイに「おいしいサイズだね」とみんなが声をかけてくれます、同船した人たちの優しい心遣いがうれしいですね。

白島沖SLJ&タイラバでマダイ・アマダイ・アコウ!【福岡県】ファーストヒットはマダイ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

長潮なのに潮が速く、巻いていて釣りにくい状況のためジグをタイラー80gグリーンに変更してみました。

着底して3巻き目にガツンとアタリがありフッキング、ゴンゴンと叩く引きに「またタイかな?」とみんなで予想していたら上がってきたのは何と高級魚のアマダイ!

船上ではマダイや根魚が上がり「アコウがきたよ」「いいサイズだね」と、とても賑やかです。

白島沖SLJ&タイラバでマダイ・アマダイ・アコウ!【福岡県】ヒットしたアコウ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

タイラバでも本命マダイ

潮がさらに速くなり釣座ローテーションで左舷側になったのでタイラバ、セブンスライド100gオレンジに変更してみることにしました。

着底から巻き上げていると軽いアタリ、そのままゆっくり巻き続けるとひったくるアタリに変わりました。

コンコンと叩くアタリで「またタイだね」とみんなで予想すると「当たりだね」上がってきたのはサイズダウンするも食べごろサイズのマダイでした。

白島沖SLJ&タイラバでマダイ・アマダイ・アコウ!【福岡県】同船者にもマダイ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

当日の釣果

今回も小さい魚は船長がエアー抜きをしてくれてリリース。

持ち帰りサイズはマダイ2尾、イトヨリダイ1尾、アマダイ1尾でした。ジグをメインにしていたので大好きな根魚が少なかったですが、久しぶりのアマダイがとてもうれしいです。

船上は常に誰かが釣れていたのでとても賑やか、正午に沖上がりして大満足の釣行でした。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
Trip(トリップ) 
出船場所:ニッスイパイオニア館前
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年8月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。