タイラバ&SLJで60cmオーバーマダイ3発!【三重県・志摩沖】

タイラバ&SLJで60cmオーバーマダイ3発!【三重県・志摩沖】

スーパーライトジギング(SLJ)でにぎわう三重県志摩沖へ、7月20日単独釣行した。水深80mの深場で70cmと60cmが続けてヒット、その他多彩なゲストと楽しんだ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

大王沖でSLJ

当日は台風5号の影響で、アングラーは常連のSさんと私の2人。Sさんはミヨシ、私はトモ、船長は胴となった。4時半に出船し、大王沖へ走った。

30分程度でポイントに到着し、水深15mラインでSLJスタートだ。キャストした後、ボトムを取らず中層を少しずつ上げてくるようにしてフォールさせた。

早速船長がアラハダ(アカカマス)をゲット。だがしばらく釣って食いが渋いため、30分で切り上げタイラバに変更となった。

タイラバでアタリ頻発

ポイントは40mラインだ。ヘッドもネクタイもオレンジでスタート。フックにはワームを装着した。

着底と同時にティップに反応があり、コツコツとしたアタリと同時に押さえ込んでいく。上がってきたのは良型のホウボウだ。

すると船長には大物がヒット。上がってきたのは60cmを優に超えるマダイだ。アタリは頻繁にあり、ホウボウやガンゾウビラメが次々釣れる。Sさんも40cm弱のマダイをゲット。

私も巻きスピードをSさんに合わせて高速巻きを繰り返すが、期待のマダイはこない。2時間ほど続けて食いが落ちてきたところで、SLJに再チャレンジだ。

筆者にも60cmマダイ!

タイラバ&SLJで60cmオーバーマダイ3発!【三重県・志摩沖】水深80mの深場でて60cmジャスト(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋)

水深15mラインでアラハダやイサキを狙う。私にはアラハダがヒットした後、Sさんに強烈なアタリ。なんと上がってきたのは70cm近いマダイだ。

私に釣れてくるのはカマスばかり。ポイントを変えてもカマスなので、今度は80mラインでディープタイラバに挑戦することになった。

速巻きを繰り返すが、全くアタリなし。超スロー巻きにチェンジし、ゆっくりハンドルを巻きだした途端、コツコツとしたアタリが出てそのまま重量感がバットに乗り、ラインが引き出されていく。

慎重に巻き上げ、船長のタモに収まったのはマダイ。60cmの良型だ。うれしさがこみ上がる。

最終釣果

そして午後1時すぎに沖上がり。釣果は全体でマダイ3匹。Sさんの釣ったマダイは68cm、私はジャスト60cm。他ホウボウ3匹、ガンゾウビラメ3匹、メバル、アラハダ、カマスなど大満足の釣行となった。

タイラバ&SLJで60cmオーバーマダイ3発!【三重県・志摩沖】釣果を前に記念撮影(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋)

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤明洋/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年8月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。