陸っぱりフラットフィッシュゲームで65cmマゴチ 照りゴチ好機到来

陸っぱりフラットフィッシュゲームで65cmマゴチ 照りゴチ好機到来

猛暑が続く毎日。今回は夏のフラットフィッシュにチャレンジだ。照りゴチとも呼ばれるマゴチは、海水温が上がる真夏が本番。そろそろ各地で釣果も聞こえだした。そんな夏を感じるマゴチを求めて、釣友とともに7月29日の早朝から三重県伊勢市の外城田川河口に車を走らせた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

外城田川河口でフラットフィッシュゲーム

陸っぱりフラットフィッシュゲームで65cmマゴチ 照りゴチ好機到来当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

外城田川河口のポイントには、辺りがうっすらと明るくなり始めた午前4時半に到着。早速タックルの準備だ。ロッドは遠投性を考え8.9ftのシーバスロッドを準備。

ルアーは広範囲を手返しよく探れる浅瀬用のメタルジグに加え、いろいろなアクションを演出しやすいジグヘッドに4inch程度のワームをセットしたジグヘッドリグを準備した。

フラットフィッシュゲームのアクション

早速キャストを開始。アクションはリールを2~3回巻いて止める、また2~3回巻いて止めるのストップ&ゴーの誘いを基本に、時にはロッドを大きく起こし、ルアーを跳ね上げてからラインテンションを張った状態で着底。

またルアーを跳ね上げて、着底させるリフト&フォールの誘いも織り交ぜ、反応のいいアクションを探っていく。

河口付近のポイントは狙い所が難しく、数投ごとにカニ歩きし、活性が高い個体を探していく。そんななかでも海面の潮目や流れのヨレ、海底の状況がゴツゴツしているなどの変化を感じた際は、その周辺を丹念に探っていった。

陸っぱりフラットフィッシュゲームで65cmマゴチ 照りゴチ好機到来外城田川河口のポイント(作図:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

迫力満点の65㎝マゴチをキャッチ!

開始から2時間。全く何の反応もなく、諦めかけていた、その時であった。川の流芯を狙ってキャストを続けていた、釣友の加藤さんのロッドが大きく弧を描く。ゴンッゴンッゴンッとロッドをたたくような引きは、マゴチが首を振って暴れている証拠。

加藤さんも「これ、マゴチやわ~。大きいよ~」と、大型を確信する声が響く。そして、海面に浮いてきたサイズを見てビックリ。慎重に私がタモ入れをして、無事ネットイン。

65cmの超良型だ。このエリアでは、最大級といっていいサイズが飛び出した。

陸っぱりフラットフィッシュゲームで65cmマゴチ 照りゴチ好機到来流心を狙って見事なマゴチを仕留めた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

ヒットルアーは、10gのジグヘッドに3.5inchのワーム。着底後ロッドを大きくあおり、ルアーを沈めている途中にアタリがあったとのことであった。

そして日が昇ると灼熱の太陽にジリジリとあぶられ、熱さに耐えられずこの1匹で納竿。

フラットフィッシュはこれからが本番

私は完全にカメラマンになってしまったが、このサイズが飛び出したことは今後が非常に楽しみだ。

陸っぱりフラットフィッシュゲームで65cmマゴチ 照りゴチ好機到来65㎝の超良型マゴチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基)

これからのシーズンは、マゴチだけでなくヒラメも晩秋まで期待できる。フラットフィッシュ狙いはこれからが本番だ。

<週刊つりニュース中部版 APC・橋本広基/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
外城田川河口
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年8月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。