最大2mにもなる大型魚『イシナギ』 専門船を実釣取材【モンロー号】

最大2mにもなる大型魚『イシナギ』 専門船を実釣取材【モンロー号】

アブラボウズ、カンナギ、モロコなどと肩を並べる大型魚イシナギ。狙って釣ることが難しく、ゲストで釣れることが多い。そんな魚を専門に狙える、茨城・日立港久慈漁港のモンロー号から8月4日(日)、乗船し取材した。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:週刊つりニュース関東版 四家 匠/TSURINEWS編)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

モンロー号でイシナギ釣り

集合時間の4時半、船の前は釣り人で大にぎわい。釣り座に全員着くと女将がエサを配る。ひと通り準備を済ませた5時ごろ出船。

最大2mにもなる大型魚『イシナギ』 専門船を実釣取材【モンロー号】久慈漁港の略図(作図:週刊つりニュース関東版)

ベテランの山﨑弘船長が舵を取り、1時間ほど走ったポイントに到着。

開始の合図で仕掛けを投入。多くの人は、底を取ってから2~3m巻き上げ、手持ちや置き竿、それぞれのスタイルでアタリを待つ。

開始早々に4㎏クラス本命

開始早々、派手なシグナルでファイト開始。竿は大きく曲がり、ドラグが引き出される。最後まで抵抗して上がってきたのは、4kgクラスの本命。

植木さんは初挑戦ながらしっかりキャッチ。このあと2尾追加していた。

最大2mにもなる大型魚『イシナギ』 専門船を実釣取材【モンロー号】初挑戦1尾目の植木さん(撮影:週刊つりニュース関東版 四家 匠/TSURINEWS編)

ほぼ同時に数人の竿は曲がったが、ハリス切れやハリ外れでバラシ。アタリが遠のいて流し変えると、北原さんにヒットして取り込み成功。「二週間前にも乗船して釣り上げました」と話す。

最大2mにもなる大型魚『イシナギ』 専門船を実釣取材【モンロー号】本命をゲットした北原さん(撮影:週刊つりニュース関東版 四家 匠/TSURINEWS編)

ゲストに良型ヒラメ

右舷大ドモの清水さんには、3.5kgの良型ヒラメ。これは嬉しいゲスト。

最大2mにもなる大型魚『イシナギ』 専門船を実釣取材【モンロー号】 3kg超えのヒラメを上げた清水さん(撮影:週刊つりニュース関東版 四家 匠/TSURINEWS編)

左舷胴の間の館野さんにも同クラス。ヒラメやクロソイ、マゾイの良型がアタることが多く、こちらも魅力。

最大2mにもなる大型魚『イシナギ』 専門船を実釣取材【モンロー号】良型ヒラメをゲットした館野さんに(撮影:週刊つりニュース関東版 四家 匠/TSURINEWS編)

置き竿で連発も

右舷ミヨシの香取さんはオキメバルやアカムツといった根魚釣りが好きで、20年以上、週に一度は通う大ベテラン。「気合を入れるとなぜか釣れない」と言って、タナはこまめに取るがほとんど置き竿。怠けているわけではなく、経験のうえで導いた釣り方。

最大2mにもなる大型魚『イシナギ』 専門船を実釣取材【モンロー号】20年以上週一で通う香取さん(撮影:週刊つりニュース関東版 四家 匠/TSURINEWS編)

次のページで釣り方のコツを船長が解説