メタルジグのボトムシェイクでハタ連発 グルーパーゲーム開幕【三重】

メタルジグのボトムシェイクでハタ連発 グルーパーゲーム開幕【三重】

今年もグルーパーゲームが開幕!ということで7月21日に三重県・南伊勢町方面へ向かった。前夜はライトソルトでサバと楽しんだ後、ハタゲームを開始。メタルジグで連釣劇!

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ファーストヒットはサバ

釣行の前夜はナイトゲームでライトソルトを楽しんで仮眠。当日は午前5時起床した。グルーパー初挑戦の釣友のため、足場のいい護岸のポイントからスタートだ。

ファーストチョイスはデルタマジック5gに月下美人ダートビーム。2人とも同じルアーだ。まず釣友にルアーを結び、アクションを説明し先に釣ってもらう。

私が準備をしていると早くも釣友にヒット。「フォールでひったくっていったよ」とサバをキャッチ。

メタルジグのボトムシェイクでハタ連発 グルーパーゲーム開幕【三重】ファーストヒットはサバ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

マハタ&オオモンハタ登場

早速私も!とボトムワインドで狙うがなかなかヒットしない。しばらく探ると、またしても釣友にヒット。マハタだ。

口の中に何かいるので見てみるとアミメハギだ。

メタルジグのボトムシェイクでハタ連発 グルーパーゲーム開幕【三重】シマ模様くっきりマハタ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

その後すぐ私にようやくファーストヒット。今度はオオモンハタだ。この個体もハゼ系のベイトが口に入っている。

メタルジグに連発

「今日はベイトフィッシュの日か!」。そこでダート系ジグヘッドからメタルジグに変更。イージーメバル3.5gを結び、ボトムでリフト&フォールさせるとあっという間にヒット、そして連発だ。

ヒットルアーが見つかったので、同じジグをハタゲーム初めての釣友にも結んでやると、同じように連発している。これは気持いい。

同じ立ち位置で何匹もヒットしてくる勢いで、相当魚影は濃いようだ。サイズは20cmまでだが、そこはハタだけあってどの魚も引きはパワフルで十分楽しませてくれる。

ここまで釣ってみて、ここ数年とハタの種類の違いに気づいた。

ここ数年はオオモンハタの魚影が濃く、他のハタは少なめな印象だったが今年はオオモンハタとマハタの比率が同程度。まれにアオハタが交じる。

メタルジグのボトムシェイクでハタ連発 グルーパーゲーム開幕【三重】メタルジグでオオモンゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

クエもヒット!

護岸の行き止まりまで攻めて2人とも満足したのだが、今後のために次のポイントの調査に向かう。釣友はメタルジグ、私はダート系ジグヘッドに戻して状況を探っていく。

このポイントではダート系ジグヘッドへの反応も良く、ワインドでオオモンハタ、マハタ、小ダイ、ベラの他にクエもヒット。

メタルジグのボトムシェイクでハタ連発 グルーパーゲーム開幕【三重】船の下から飛び出したクエ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

当日最大は25㎝マハ!

釣友は「ちょっと遠くにいる感じだね」と、相変わらずメタルジグを遠投して爆釣モードを継続している。

あまりに釣るのでどんなアクションをつけているか観察すると、「ほとんど上に上げてないよ」と、ほとんどボトムシェイクだ。メタルジグでこんな釣り方もあるんだと感心することしきり。

ワインドでも飽きない程度にヒットするが、最初のポイントより数が少ない。その代わりサイズはひと回り良く、この日最大の25cmのマハタもヒット。

メタルジグのボトムシェイクでハタ連発 グルーパーゲーム開幕【三重】この日最大の25cmのマハタ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

最後、回収でも追ってくる魚影が見えたので、ガメシャッドのリトリーブに変更し数匹ヒットさせることができた。こちらも護岸の行き止まりまで釣り切り、大満足で午前11時納竿とした。

ワインド、リトリーブ、メタルジグとさまざまな釣り方でヒットさせることができ、満足いく釣行だった。

<週刊つりニュース中部版 APC・松田久史/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年8月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。