シャローでスーパーライトジギング&タイラバ【ガイドサービス・セブン】

シャローでスーパーライトジギング&タイラバ【ガイドサービス・セブン】

6月下旬に北九州市小倉のガイドサービス・セブンで、SLJ(スーパーライトジギング)&タイラバに行きました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

白島沖でスーパーライトジギング(SLJ)

シャローでスーパーライトジギング&タイラバ【ガイドサービス・セブン】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

午前4時45分に港で集合し、乗り合いで一緒に乗船する人たちにあいさつをし、5時ごろ出港。

午後から天気が荒れる予報だったので「沖に出るのはあきらめて、白島付近のシャローエリアを攻めていこう」と船長から説明を受けました。

釣り場には30分ほどで到着し、私はジグのMAKIE40gピンクグローをセットし釣り開始。

ちょうど潮止まりの時間で、水深35mでもしっかり底取りができる状況。

船長が「潮が動くまでの辛抱だよ」とみんなに声を掛けてくれます。

まずはアコウとホウボウ

ジグが着底した瞬間、ガツンとアタリがありフッキング。

上がってきたのは25cmほどのアコウでした。30cm未満は資源保護のためリリースして、次の魚を狙います。

船長から「きちゃった」と声が聞こえたので、のぞきに行くと、良型のホウボウが。おいしいお魚に、船内みんなやる気が出ます。

タイラバでは35㎝マダイ

マダイのポイントに入ったのか、タイラバをしている人たちがみんな釣れていたので、私も仕掛けをタイラバ40gに変更してマダイを狙っていきます。

船長が良いポイントに着けてくれているので、私にもすぐにアタリがきました。コツンというアタリの後、頭をコンコンとたたくような引きに、隣の人が「タイっぽいですね」と笑顔で声を掛けてくれます。

上がってきたのは35cmほどの食べごろサイズのマダイ。しっかりと狙った層で食わせて釣るのは快感です。

シャローでスーパーライトジギング&タイラバ【ガイドサービス・セブン】35㎝の食べごろサイズのマダイ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

ジグでアコウ的中

ひとしきりタイラバを楽しんだのでジグに変更してみると、また着底と同時にゴツゴツとアタり、フッキングして上げていくとラインが出されます。「これはおかずになりそうだね」と船長がニコニコとタモを用意してくれました。

上がってきたアコウは先ほどよりサイズアップして、お持ち帰りできるサイズでした。

シャローでスーパーライトジギング&タイラバ【ガイドサービス・セブン】ジグで高級根魚アコウ的中(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

白島沖の状況

沖には出れませんでしたが、白島付近でもたくさん釣ることができて大満足の釣行になりました。

これからシャローエリアがアツいシーズン。気軽に行ける近場のオフショアを皆さんもぜひ楽しんでくださいね。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ガイドサービス・セブン
出船場所:戸畑区大字中原
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年7月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。