夜磯ぶっこみ釣りで5kgタバメ(フエフキダイ)にシブダイも【上甑島】

夜磯ぶっこみ釣りで5kgタバメ(フエフキダイ)にシブダイも【上甑島】

上甑島・里(鹿児島県薩摩川内市)の磯では、シブダイやタバメ(フエフキダイ)がシーズンを迎える。6月上旬に釣行した際は半夜釣りでまずまずの釣果に恵まれた。里のシブダイやタバメは夏から晩秋がシーズン。いずれも夜釣りのターゲットとして、カゴ釣りやブッ込み釣りなどで狙う。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

上甑島・里の磯でタバメ狙い

午前4時すぎに近島に渡った。同釣り場は前月末ごろに試し釣りをした際、6kg近い大型タバメを上げた相性のいい磯だ。

夜磯ぶっこみ釣りで5kgタバメ(フエフキダイ)にシブダイも【上甑島】上甑島周辺(作図:APC・松田正記)

この日は季節外れの北寄りの風が強かったが、急いで準備へ取り掛かった。

まずはブッ込み釣りのスタンバイ。ハリは大型タバメのアゴでも貫通する強固な石鯛ワイヤーの20号を選び、これにハード加工してエサ持ちのよい、くわせキビナゴを刺して25mのタナから探った。

ぶっこみ釣りで5㎏級タバメ

夜磯ぶっこみ釣りで5kgタバメ(フエフキダイ)にシブダイも【上甑島】当日の仕掛け(作図:APC・松田正記)

まずは手持ち(サオ)で構え、少しずつ誘いながら手前に寄せ、探るが反応がない。2投、3投とタナを変えてみたが魚信がないので、置きザオにしてカゴ釣りの準備に入った。

その時だった。ドラグがジジーと鳴り響き、どんどんミチイトが引き出される。慌ててサオを起こし、強引にリールを巻くと、ズッシリとした重量感だ。

やり取りの末に水面を割ったのは5kg級の大型タバメだった。

高級魚シブダイにアカハタも追加

5時すぎ、辺りが明るくなり、ゴールデンタイムをすぎようとした時、再びアタリが出た。

今度は小ぶりで1kgほどのシブダイ、さらに500g前後のアカハタを追加し、前半戦を終えた。

日が高くなるとアタリが途絶えたので、カゴ釣りに変更した。

その後は粘り強く攻め、400gほどのアカハタを2尾釣り上げたところで9時に納竿した。

今回は短時間の半夜釣りだったが、まずまずの釣果。暑さが増す梅雨明けごろからは夜釣りメインに臨みたい。

夜磯ぶっこみ釣りで5kgタバメ(フエフキダイ)にシブダイも【上甑島】仕留めた大型のタバメ(提供:APC・松田正記)

<週刊つりニュース西部版 APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
藤丸
出港場所:里港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年7月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。