【福岡県】SLJ&タイラバ釣果速報 30分の格闘で15kgヒラマサ

【福岡県】SLJ&タイラバ釣果速報 30分の格闘で15kgヒラマサ

福岡県から獲れたて釣果情報が届いた。SLJでまさかの15kgヒラマサに、タイラバで3kg級マダイやヒラメなど。スーパーライトジギング&タイラバの最新船釣り釣果をまとめてお伝えします。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:Trip)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

千春丸

福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港から出船する千春丸と2隻体制の蛭子丸の案内で6月30日に芦屋沖へSLJ(スーパーライトジギング)で釣行した竹浦さんは大型イサキを交えて好ヒットを堪能、ナイスサイズを披露してくれた。現在、大型含め好調で数釣れており、吹き流しでも釣果は期待十分。夜イカは回復傾向で今後の好乗りが楽しみ。タイラバはマダイ主体に根魚など。ジギングではマダイ、青物、根魚交じりで。沖五目ではアマ、レンコなど魚種多彩にヒット中。

【福岡県】SLJ&タイラバ釣果速報 30分の格闘で15kgヒラマサナイスサイズ(提供:千春丸)
▼この釣り船について
千春丸

EBISUYA

6月29日、北九州市門司・大里港のEBISUYAは、タイラバで響灘方面に出船。マダイ3kg級が順調にヒットした。ほかにも、ジャンボイサキやアマダイ、アオナ、アコウ、タカバなど多彩な釣果となった。写真の加藤さんもイサキを披露してくれた。

【福岡県】SLJ&タイラバ釣果速報 30分の格闘で15kgヒラマサジャンボイサキをゲット(提供:EBISUYA)
▼この釣り船について
EBISUYA

光生丸

6月28日、北九州市若 松・北湊の光生丸がSLJで響灘方面に出船。この日は、一日通してコンスタントにヒットし続け、大型イサキ48cm を頭に1人8尾をキャッ チ。ほかにもアコウ、ヒラメ、マダイ、ヒラマサ 、ヒラゴ、ヤズといった魚種も乗船者らのサオを曲げ、好ファイトを思う存分楽しんでいる。

【福岡県】SLJ&タイラバ釣果速報 30分の格闘で15kgヒラマサ大型をキャッチ(提供:光生丸)
▼この釣り船について
光生丸

祥季丸

6月29日、北九州市門司区・大里港の祥季丸は響灘沖に出船。タイラバやライトジギングでマダイ2~3kg級がアベレージで好ヒット。良型アマダイやマトウダイ、アオナ、イトヨリなど多彩な釣果となった。写真の入口さんも良型マダイを披露した。

【福岡県】SLJ&タイラバ釣果速報 30分の格闘で15kgヒラマサアベレージでこの型だ(提供:祥季丸)
▼この釣り船について
祥季丸

Trip

7月3日、北九州市戸畑港から案内中のTripがSLJで響灘方面に出船すると、朝イチに流した17~18mのシャローエリアで、山崎優さんに大型青物がヒット。ライトタックルで30分のファイトの末、周囲のサポートを受けながら浮かせたのは超ビッグサイズのヒラマサ15kgクラス。メモリアルな1尾を堂々キャッチしている。なお、使用ラインはPE0・8号とリーダー5号、ジグはMAKIE60gだったとのこと。シャローとはいえ、このクラスの青物もアタックしてくるので、今後も油断は禁物だ。

【福岡県】SLJ&タイラバ釣果速報 30分の格闘で15kgヒラマサ堂々のヒラマサ15kg(提供:Trip)
▼この釣り船について
Trip

<週刊つりニュース西部版/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年7月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。