『落とし込み』でアコウ15尾に3kg頭にヒラメ3枚!【第八大安丸】

『落とし込み』でアコウ15尾に3kg頭にヒラメ3枚!【第八大安丸】

6月後半、福岡県宗像市・鐘崎漁港の第八大安丸で落とし込み釣りに出かけた。アコウなどの根魚やヒラメが釣れているそうだ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

開始早々に大型ヒラマサ?!

港に集合。 同船するのは仲島さんグループ3人。 釣座は右舷前方に中居さん、トモ(船尾)に仲島さん、左舷前方に私、トモに矢野さんで、午前5時50分に出港した。

沖に出るとナギ状態で、50分ほどで釣り場に到着。 矢野さんと中居さんは今回が初めての落とし込み釣りだそうだが、この2人が後でドラマを起こそうとは……。

『落とし込み』でアコウ15尾に3kg頭にヒラメ3枚!【第八大安丸】タックル図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

船長から釣り開始の声が掛かり「エサは水深40mより下にいます」と言っている。 仕掛けを落とすと35mでエサが付いたので、底まで落としていく。 着底するとエサが暴れている。 近くに大物がいるようだ。

すると、私のサオをひったくるアタリがあり、アワセを入れるとハリ掛かりしたが、強烈な引きでバラしてしまった。 ハリスは14号だったがミキイトとの結び目から切れていて、船長の話ではヒラマサの大物のようだ。 その後、仲島さんもアタリがあり、バラしてしまった。 エサは10~13cmほどの小サバだ。

アコウのダブルヒット!

8時前、最初に魚を釣ったのは矢野さんで、大型と中型のアコウがダブルで釣り上がってきて本人もびっくりしていた。 その後も続けてアコウを釣っている。

『落とし込み』でアコウ15尾に3kg頭にヒラメ3枚!【第八大安丸】初の落とし込み釣りでWアコウ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

私にやっとアタリがあり、釣り上げるとアコウとともに初めて釣る魚。 船長に聞くとヨコスジフエダイとのこと。 その後もアタリはあるが、食い込まなかったり早アワセをしたりで釣れない。

中居さんに初めて釣れたのは、やはり良型のアコウだ。 少し釣り場を移動すると、矢野さんに良型ヒラメ、中居さんはアコウを釣っている。

3kg大型ヒラメがヒット

10時ごろ潮の流れが速くなって根掛かりが多くなり、我慢の時だ。 11時すぎに少し潮が緩くなると再び魚がハリ掛かりし始める。 私にやっと2尾目のアコウが釣れた。

中居さんは立て続けにヒラメやアコウを釣り上げ、矢野さんは5尾目を釣っている。 船長と話していると、やはり初めてなので魚が食い込むまでゆっくり待っているのが良いのだろうと思った。

エサ付きは抜群に良く、6本バリに4~5尾は掛かってくる。 正午ごろ再び私に青物のバラシが。 今度はミキイトが切れていた。

前半は矢野さんがよく釣っていたが、後半になると中居さんの独り舞台で、次々とアコウを釣り上げている。 最後の1流しでも中居さんにいいアタリがでて、船長のアドバイスを受けながら釣り上げたのは3kgは十分にある大型ヒラメで、本人も大喜び。 これを最後に終了となった。

『落とし込み』でアコウ15尾に3kg頭にヒラメ3枚!【第八大安丸】ザブトン級のヒラメを手中に(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

最終釣果

船中の釣果はアコウ15尾、ヒラメ3尾。 帰港後に船長に話を聞くと、エサがいる限りは落とし込み釣りには行くとのことだ。

夜イカも順調に釣れているので、皆さんもぜひ釣行して楽しい時間を過ごしてほしい。

<週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜/TSURINEWS編>

▼釣り船について
第八大安丸
この記事は『週刊つりニュース版』2019年7月日12号に掲載された記事を再編集したものになります。