東京湾『沖五目』釣りで重量級メダイに挑戦 ラストにドラマ!【忠彦丸】

東京湾『沖五目』釣りで重量級メダイに挑戦 ラストにドラマ!【忠彦丸】

この日は以前から気になっていた忠彦丸の沖のウィリー五目に行ってきた。釣り方はコマセを使ったビシ釣り。最近釣果を見ると、マダイ、イサキ、アジを中心に様々な魚が釣れるようだ。当日は旬のイサキでお土産キープ後に大型狙いなんていう、都合が良すぎる計画だ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:webライター・灰野広武)

灰野広武
灰野広武

灰野広武の担当記事を読む
×閉じる

船釣り エサ釣り

忠彦丸にて沖のウィリー五目

梅雨の時期ということで天気が心配だったが、雨はパラつく程度で収まってくれた。ただ沖の風が強いようでまずは近場のポイントから始めるということだ。近場といってもポイントまでは1時間程かかるとのこと。

東京湾『沖五目』釣りで重量級メダイに挑戦 ラストにドラマ!【忠彦丸】いざ出港(提供:WEBライター・灰野広武)

そんな時の強い味方が忠彦丸の整備が整った大型船だ。キャビンが広々としているので、到着まではそこで仮眠をとったり釣り仲間と雑談をしながら過ごす事が可能だ。タチウオ船団を横目に船は南下。

当日のタックルと仕掛け

暫く走った後、まずは城ヶ島が見える60m前後のポイントから開始。仕掛けは特に決まりはないようだが、まずは船宿で受け取った3本針3mのウィリー仕掛けを使用した。ハリスは2号。

コマセはアミエビとオキアミが支給されるのでこれを混ぜながら使用した。ウィリーということでしゃくりながらの釣りになるが、これが中々難しい上にビシカゴが60号と中々の重さで疲れてしまう。もし不安な場合は通常の吹き流し仕掛けに餌をつけても問題ない。

東京湾『沖五目』釣りで重量級メダイに挑戦 ラストにドラマ!【忠彦丸】当日のタックル(作図:TSURINEWS編集部)

40cm級マアジが連続ヒット!

最初は細かく移動しながら群れを追っていく。2回目の流しで反応が出始めまずはマアジがヒット。

周りでも立て続けにヒットし一時入れ食い状態となった。サイズは全て30cmを超える良型!

中には40cm前後のものも上がった。浅場では中々お目にかかれないサイズだ。少しするとアジの気配は遠のいたが今度はハナダイ、マダイが釣れ始めた。

東京湾『沖五目』釣りで重量級メダイに挑戦 ラストにドラマ!【忠彦丸】五目らしく色々釣れる!(提供:WEBライター・灰野広武)

重量級ヒットあるも・・

途中強烈な引きを見せる魚もヒット。残念ながらここでは為す術もなくハリス切れ。大物の気配を感じたのでハリスを4号まで上げてみたが食いが落ちてしまったので3号にすると再び大物がヒット。

しかしこれもラインを出された挙句根ズレで仕掛けを切られてしまった。周りでも同じような事があり正体が知りたかったがその後はアタリが遠のき場所移動となった。

ポイント移動で沖五目らしい魚種へ

午後に入り水深90mほどのポイントに移動すると見慣れない魚が釣れ始めた。まず釣れたのはアカイサキという魚だ。

東京湾『沖五目』釣りで重量級メダイに挑戦 ラストにドラマ!【忠彦丸】アカイサキ(提供:WEBライター・灰野広武)

イサキとあるが、見た目はどちらかというとカサゴに近い。続いて釣れたのはシキシマハナダイ。鮮やかな魚だが味は良いらしい。これが仕掛けを落とすとすぐに釣れてしまうようになった。活性がかなり高いようで一荷も度々見られた。

東京湾『沖五目』釣りで重量級メダイに挑戦 ラストにドラマ!【忠彦丸】シキシマハナダイ(提供:WEBライター・灰野広武)

重量級の正体はメダイ!

終了間際、ある程度数が釣れたので大物狙いでハリスを4号に変更したところに午前中に気配があった大物がきた。

太ハリスとはいえ小型電動ではパワー負けしてしまう程の引きを時折見せるので慎重にやりとりを行う。水面近くまで強烈な抵抗をみせたがなんとか浮かせる事が出来釣友にタモ入れをしてもらいキャッチ。正体は50cm程のメダイだった。

実のところ大鯛を期待していたがこれも非常に美味しい魚なので嬉しいゲストだ。午前中のヒットはこれよりも重かったのでハリスは5号くらいまで用意しておくと良いかもしれない。これを釣り上げたところで沖上がりとなった。

沖五目にロマンあり!

残念ながら天気の影響でポイントが限られ、本命の1つであるイサキは幼魚のウリンボが釣れたのみであった。しかし五目というだけあって様々な魚の姿を見ることができた。

東京湾『沖五目』釣りで重量級メダイに挑戦 ラストにドラマ!【忠彦丸】当日の釣果の一部(提供:WEBライター・灰野広武)

船釣りは一種の魚を専門的に狙う事が多いが、何が来るかやってみるまで分からず魚が上がってくる度にワクワクできるので違った面で非常に面白い釣りだった。釣り物が増えてくるこの時期、迷ったら五目釣りに挑戦してみると良い事があるかもしれない。

<灰野広武/TSURINEWS・WEBライター>

▼この船について
忠彦丸(ただひこまる)
エリア:東京湾(横浜)エリア
出船港:金沢漁港

東京湾『沖五目』釣りで重量級メダイに挑戦 ラストにドラマ!【忠彦丸】